「母子手帳」、お母さんから引き継いでますか?

ここで言う「母子手帳」は、自分が母である母子手帳でなく、自分が「子」である母子手帳です。自分が母の母子手帳なら絶対みなさんお持ちだと思うのですが、自分が子である母子手帳は、お母さんが持ちっぱなしではないかな~?と思います。数年前、たまたま母から「持っとき!お母さん持っててもしゃーないから」と譲り受けた母子手帳。その時はふ~ん、と引き出しにしまっただけだったのですが、一昨年に役に立つことがありました。

突然、近所でいつも撫でてる、猫にかまれたのです。その時に破傷風のワクチンを打つ必要があったのですが、そのワクチン申し込みをした後にトスカーナ州感染症の部署(!!!)から電話があり、「破傷風ワクチンは一度もやったことなかったの?」と聞かれる。「やってたとしても40年以上前だろうし、日本でやったのでちゃんとわからない」、と答えると、「やったかどうか?やったのなら、その接種量をどうにか確認して、と言われる。「どちらにしても2回目はやらなくちゃいけないんでしょう?」と聞くと、「だからそれは接種量によるの、40年以上前のものでも。日本に確認して」。そこで母にお願いして地元の保健担当に聞いてもらったけれど、記録はなし。そこで母がポロリ・・・

「でもさ、アンタに母子手帳渡してなかったっけ?」

そ、そうや!!保健担当の話によると、私の誕生年あたりからジフテリア、100日咳の2種混合に破傷風を入れて3種混合になったらしい・・・ワクチンの記録もあるんかな・・・

IMG_0825


あった!!私が接種した当時はまだ2種で、破傷風はなかった!2種のちゃんと接種量まで書いてあったのにビックリ!

そして先日、股関節の痛みについて母に話したら、

「アンタ赤ちゃんの頃に股関節悪くてバンド巻いてたもんな」

・・・て初耳やし!!!
てことで、今回また母子手帳をめくてみたのですが、その事は書いてませんでした。ま、そういう予想だにしないことが将来出てくるかと思うので、皆さんもお母さんが元気なうちに母子手帳もらっておいてください。私みたいに、何かの役に立つかもしれませんよ。

関連記事

  1. 2023年はどんな年にしたい?

  2. イタリア語学習にぴったりの、参考書以外の本は何?

  3. 私にとっての「1月17日」

  4. レシピ通りにやるのも大事~エルダーフラワーのコーディアルシロップに再挑戦

  5. ギリシャ・ビーチバカンスは9月が絶対おすすめな理由

  6. ルチャーノって一体どのルチャーノ!?

  1. TVドラマ「マメ―リ、イタリアを夢見た青年」

    2024.02.26

  2. ヴァザーリの右腕、ジョヴァンニ・ストラダーノ生誕500周年の展示会

    2024.02.18

  3. オブラーテ図書館、ドゥオモを拝みながらのゆっくりカフェ

    2024.02.15

  4. アレッツォ郊外、世界一のモザイク教会を夢見て

    2024.02.11

  5. カレンドラにラベンダー・・・アンナの手作りソープで嬉しいお風呂…

    2024.02.08

  1. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  2. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  3. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image