「母子手帳」、お母さんから引き継いでますか?

ここで言う「母子手帳」は、自分が母である母子手帳でなく、自分が「子」である母子手帳です。自分が母の母子手帳なら絶対みなさんお持ちだと思うのですが、自分が子である母子手帳は、お母さんが持ちっぱなしではないかな~?と思います。数年前、たまたま母から「持っとき!お母さん持っててもしゃーないから」と譲り受けた母子手帳。その時はふ~ん、と引き出しにしまっただけだったのですが、一昨年に役に立つことがありました。

突然、近所でいつも撫でてる、猫にかまれたのです。その時に破傷風のワクチンを打つ必要があったのですが、そのワクチン申し込みをした後にトスカーナ州感染症の部署(!!!)から電話があり、「破傷風ワクチンは一度もやったことなかったの?」と聞かれる。「やってたとしても40年以上前だろうし、日本でやったのでちゃんとわからない」、と答えると、「やったかどうか?やったのなら、その接種量をどうにか確認して、と言われる。「どちらにしても2回目はやらなくちゃいけないんでしょう?」と聞くと、「だからそれは接種量によるの、40年以上前のものでも。日本に確認して」。そこで母にお願いして地元の保健担当に聞いてもらったけれど、記録はなし。そこで母がポロリ・・・

「でもさ、アンタに母子手帳渡してなかったっけ?」

そ、そうや!!保健担当の話によると、私の誕生年あたりからジフテリア、100日咳の2種混合に破傷風を入れて3種混合になったらしい・・・ワクチンの記録もあるんかな・・・

IMG_0825


あった!!私が接種した当時はまだ2種で、破傷風はなかった!2種のちゃんと接種量まで書いてあったのにビックリ!

そして先日、股関節の痛みについて母に話したら、

「アンタ赤ちゃんの頃に股関節悪くてバンド巻いてたもんな」

・・・て初耳やし!!!
てことで、今回また母子手帳をめくてみたのですが、その事は書いてませんでした。ま、そういう予想だにしないことが将来出てくるかと思うので、皆さんもお母さんが元気なうちに母子手帳もらっておいてください。私みたいに、何かの役に立つかもしれませんよ。

関連記事

  1. イタリアの注射器の、もう1つの使い方

  2. 元競技スキーヤー、初めてのカービングスキーでとまどったこと

  3. 連載の翻訳が11年目を迎えました~時計Begin春号発売!

  4. 2019年もあと1か月、来年のために何をやる?

  5. 【イタリア好き&イタリア関連お店の方へ】トスカーナ冊子、無料で配布いたします

  6. 外国語上級者と母国語の人との違い

  1. マンマからのクリスマスプレゼントは、コテコテの「関西&フィ…

    2020.01.26

  2. 【フィレンツェの素敵な通り】Borgo degli Albizi アルビツィ通り

    2020.01.25

  3. 「Simbiosi Organic Cafe’」、フィレンツェの小さなオーガニ…

    2020.01.24

  4. 初めての「自家製ふりかけ」〜 自然にやりたい気持ちに従うと、何で…

    2020.01.23

  5. フィレンツェ「スカルツォの回廊」で、アンドレア・デル・サルトの…

    2020.01.22

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image