長男の第二次性徴におびえる?複雑な母の心境

我が長男、12才。イタリアで中2、日本で小6(イタリアの小学校は5年制で9月始まり)。だんだんとお子ちゃまらしさが抜けてきました。クラスの女の子はもう1~2年前からなんか妙に大人びちゃって、遅れをとっていた男子も、いきなり背が伸びた子、着る服が変わってきた子、隣の子なんて、声変わりまで\(◎o◎)/!そんな子たちから比べると、まだまだ見た目も精神的にも子供っぽいうちの長男ですが・・・

もう、なかなか自由には写真を撮らせてくれない。それ以外はまだまだ手をつないで来たり、嬉しかったことを話してくれたり、ちょっと安心したりもするのだけど。長男が小さい頃は1人目で育児しんどい時もあり、3才になる前に次男が生まれたこともあって、「早く大きくなってくれ~~~!」一心だったのに、なんだかこのあどけない表情とかつないでくれる手とか、それがもう見れない&つなげない時が近づいてくると、今度は「もうちょっとこのままでおって~」と勝手なことを思ってしまいます。先輩ママ友に聞くと、突然オッサンに呼ばれたと思って振り向くと、声変わりした息子だったとか (;・∀・) いや~んっ!!

なんか足の大きさはもう昨年抜かれてしまったし、気が付くとすね毛がは生えてきている。自分が女だから、もし娘がいても自分も経験があるし何の抵抗もないかもしれないけど、異性だけに、何だかなーこの子どうなっちゃうんだろう?とやけにソワソワもしてしまい、長男クラスのママ友とは「ここは生えてるけど、あそこは生えてない」とかが話題になっちゃう(爆)。そんな話題にちょっと触れた時、「ちょっとだけ後ろに生えてんで!」とあそこを出して、裏返して見せてくれた長男、ま、そんな風に見せてくれるうちはまだまだお子ちゃまな証拠ですが💦これも時間の問題ってことで・・・嬉しいような、悲しいような、怖いような、楽しみなような、母としては複雑な心境です。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. イタリア食材専門通販ショップ「ベリッシモ」さん で、コラム連載を開始します!

  2. 学校がやらないなら親がやる!学校さぼって親子で遠足へ

  3. 日々の発信&セルフマガジンの効果を感じる、嬉しい再会が続きます

  4. 5年分のメールを見返して、分かったこと

  5. またまた新しいハチミツの味、今度は「エリカ」

  6. 【イタリア旅行を楽しむ為の予備知識】スラれる&騙されるパターン集

Copyrighted Image