この夏は薬指が鬼門・・・長男2度目の救急へ

「●●(長男の名前)、これを最後にしろよ」

と言ったのは、最寄り病院の救急の先生。なんと、6月半ばに救急でお世話になった時と同じ先生だったのです。

【イタリアで救急】長男の救急搬送で、イタリアらしさを実感する

あれから2週間後に抜糸、最初は皮膚がつる、などはありつつも今はすっかり完治した長男の右手薬指ですが、今度は左手をやってしまいました。今度はサッカー中に前に転倒し、ついた左手の位置が悪く、反れるようにして全体重がかかり・・・想像しただけでも超痛そう!その日の晩はそれほど腫れてなかったのですが、翌朝も痛みはひかず腫れてきたので救急へ。結果、薬指と小指の付け根、小指の骨の一部にヒビが入っており、今度はがっつりギブスです(号泣)。あと1週間後に海バカンスを控えているというのに・・・今年はまさに長男の希望で決めた場所で、めちゃくちゃ楽しみにしてたのに・・・ギブス、とわかった瞬間にショックで号泣したらしいです。

しかーし!!ダンナがこんなものをアマゾンで見つけました!!

ギブス保護手袋!なんとイギリスで特許済み&去年なんか賞まで受賞してるし!レビューも「うちの子がバカンス直前にギブスだったんだけど、我が家のバカンスの救世主でした!」とかなんとか、まぁうちと同じ状況だった人が買って使って、大満足のものばかり!ゴムの水泳キャップと同じ素材でかなり暑苦しくはあるんだけど、海に入る時だけつけて、はずして、とピンポイントで使えば大丈夫らしい・・・TOP写真が笑顔なのは、まさにこの商品が到着したから。

シュワッチ!!!

まぁひと夏に2回も、しかも左右違いのほぼ同じ場所ってなんなん?ですが、まぁこれだけで済んだのだから良しとしましょう。しかしホンマ、これで最後にして欲しい(今度は次男、とかやめてくれー!)

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. Quando possiamo vederci 会えるようになったら

  2. 2020年・新オイルの食べ比べ

  3. バッボに突きつける、長男の初めての「NO」

  4. 【レポート】イタリア・トスカーナの田舎で、クリスマスをゆったり楽しむ夫婦旅

  5. 外国に住むハーフの子供に、いつまで日本語の勉強を続けさせるか?

  6. 私が混乱した「トスカーナ弁」その6・学校で習わない名詞たち

Copyrighted Image