イタリアらしい?バジルエッセンス入りボディーシャンプーってどんな感じ?

数年前から愛用しているソープは、OFFICINA DEL MUGELLO(ムジェッロの工房)。ムジェッロとはフィレンツェ県北部からエミリア・ロマーニャ州までの地域で、そのバルベリーノ・ディ・ムジェッロにある自然派ソープメーカーです。以前はCOOPに売っていたのに取り扱いがなくなったので、時に切らす時もあるのですが、先日、ここの製品を多く取り扱っている農業組合のショップに行ったら・・・今まではマルセイユ、ラベンダー、かんきつ類だけだったのに、なんと新製品?バジルのボディソープがありました!

興味本位で買ってみたら、これが良い!他のに比べて少ない量で泡立ちがまろやか(柑橘系のはキュキュッとなる感じ)&香もほんのりバジル。しかもサイトを見ると、バジルのエッセンスって、肌を元気にするだけでなく、抗酸化効果があってアンチエイジングにもいいんですって ( ̄▽ ̄)

OFFICINA DEL MUGELLO(ムジェッロの工房)の製品は、どれも昔から使われている自然素材ばかり。オリーブオイルをベースとしたマルセイユ伝統の製法で、オーガニックのラベンダー、イリス、かんきつ類、バジルなどの植物エッセンスを用途別に使用。サイトを見ると、店頭では見たことのない、ゼニアオイ、麦の芽、栗、サフランエッセンスの入った製品や、オイルもあって、一度使ってみたい~。どこに売ってるんやろ?

フィレンツェ旧市街ではドゥオモ近く&中央市場内のEatalyで扱ってましたが、今はどうなのかな?気になる方は、一度覗いてみて下さいね。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 【レポート】第三回・トスカーナ料理ディナーとトスカーナを語る会

  2. 長男、釣り吉になる

  3. 不純だっていい!バイリンガルの日本語勉強のモチベーション

  4. マンマからのクリスマスプレゼントは、コテコテの「関西&フィレンツェ」だった

  5. 自然には敵わない~2019年、おらが村のオリーブの状況

  6. フォカッチャではありません、指で押すから「スキアッチャータ」

Copyrighted Image