フィレンツェのアウトレット靴屋「Otisopse」で、ひとひねり効いたベーシック靴をお得に買う!

日本よりイタリアがいいなぁと思うのは、やっぱり カバンや靴などの革製品。特に靴はいいもの、そして楽なものを買いたいですよね。以前に安物をいくつか買って結局足に合わない(というか素材が固くてダメとか)、すぐに底が破損、とか失敗してるので、いいものを・・・とはいえ予算にも限りがあるので、靴を買う時はまずここ「Otisopse」に行ってみます。フィレンツェには数店ありますが、そのアウトレット!正規の価格もそれほど高くはないですが、 アウトレット価格は本当にお得!

入ってすぐのスペースは、左側が男性もの、右側が女性もの、更に奥の右側にもう1つの部屋があり、 女性ものがズラーーッ!! ここは見ての通り、流行りの凝ったデザインはないですが、 モカシン、バレリーナ、シンプルなブーツがいっぱいあります。私はこれまでに合計4足ここで購入してますが初めて買ったのは紺の(トッ○のにそっくりな)ドライビングシューズ ・39ユーロ。これが履きやすい!全然疲れない!!で履きつぶしたほど。それからは靴を買うならまずここ!になりました。

デザインはベーシックなものが多いですが、このお店の特徴はカラフルな色。この値段なら、流行りの色と初めての色も挑戦しやすい。本体の色がベーシックだとしても、紐や靴底だけカラフルってのもあります。

私は以前、友人の結婚式用にヒール靴が必要だったのですが、普段は絶対履かないので、安くてそれなりの、ということで見つけたのがこの右側のもの。そして仕事でブーツでない革靴が必要になった時に新調したのが、この左側。これが可愛くて履きやすくて、仕事以外でもヘビロテになってます。

ブルーの紐やソールが何気におしゃれだし、何より疲れない&そして両方ともまたまた39ユーロ。サイズが見つからなく断念ということもありますが、コスパは断トツだしデザインも好きなので、ここで見つかればもう他の靴屋さんに行く必要がないのです。

しかし、Otisopse=オティソプセ、ってなんだかおかしなこの名前、なんと 創業者の苗字Esposito=エスポージト、を逆さま にしたもの!元々はナポリの会社ですが、創業者の息子で現在のオーナーがフィレンツェにも進出し、現在このアウトレットを含め4店舗、トスカーナにはモンテカティーニやルッカにもお店がありますよ。唯一のマイナス点は、店のスタッフ(知ってる限り全員男性)が愛想悪すぎること・・・ま、アウトレットってことで許しておこう(苦笑)。もしサイズがなかったら、前の普通のOtisopseも要チェック~値段はアウトレットの1.5~2倍くらい、ここは女性のスタッフで、普通に感じ良いです。

基本情報

Otisopse-Outlet(サイトはアウトレットでなくメーカーのサイト)
Piazza Nazario Sauro, 17/R – Borgo S. Frediano
カッライア橋を渡って直進、右側。その向かい(橋渡って左側)に普通のお店もあります。

月~土、9:30-19:00
日曜定休

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. フィレンツェの和めるトスカーナ料理店、Osteria Antica Mescita San Niccolo’

  2. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」の週末プログラム(2/16)

  3. フィレンツェ北部の山の中、アントネッラのアグリツーリズモ

  4. 天才のルーツと生涯を知る!レオナルド・ダ・ヴィンチの生家

  5. ミケランジェロのダヴィデ好きには悶絶モノ?細部写真を撮影してきました

  6. フィレンツェ・カンポマルテ駅&スタジアム近く、地元人気店「Caffe’ Dogari」

  1. 「コッレ・ヴァル・デルザ」、フィレンツェ&シエナから行きやすい…

    2020.02.24

  2. 【フィレンツェの素敵な通り】Borgo San Jacopo サン・ヤコポ通り

    2020.02.23

  3. LIBERA TERRA = マフィアから解放された土地で作った、極上のシチリ…

    2020.02.22

  4. フィレンツェから1時間「ヴィンチ」、天才・レオナルドが生まれ育っ…

    2020.02.21

  5. イタリアの注射器の、もう1つの使い方

    2020.02.20

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image