アンギアーリの新門前のレストラン、Da Alighiero

アンギアーリ旧市街、新門を入って正面のお店です。。入口のドアに貼られた数々のガイド本のシールが貼ってあり、ミシュランに何度も掲載されてる名店。しかし、入口に貼ってあるメニューもお値段も、店の雰囲気のわりにはそれほど高級ではありません。

席に着くと、すでにセッティングされているプレートに目が行きます。

CIMG9680

この紋章、1つはアンギアーリ市の市章かと思ってたのに、調べたら両方とも違いました。この地の有力貴族?

CIMG9677

そしてこちらは、トスカーナ州!あまりに素敵なので、他のテーブルも見てみると、いろんな種類があってどれも素敵!あとで知ったことですが、アンギアーリは陶器の町としても有名で、毎年春には職人市も開かれているようです。

さてお料理ですが、まずはトスカーナのスタンダートな前菜 クロスティーニ を注文。大人には注文したものとは別に、サービスで ひよこ豆のパテ が出てきました。これがもう上品な味で大変美味しく、欲を言えば、もっとたっぷり欲しかったくらいです。

もう1つの頼んだ前菜は チーズの盛り合わせ・洋ナシとはちみつ添え。チーズはフレッシュ、半熟成、熟成の3種類。こちらはやはりチーズの国、果物やはちみつ、ジャムを添えたり、食べ方もいろいろです。

プリモはほうれん草とリコッタのラビオリ・黒トリュフのせ 、セコンドは トリッパ、+付け合わせでポルチーニのトリフォラ―ティ 。どちらも繊細で塩加減も量もちょうどよく最後まで満足でした!

強いてマイナスを言うなら、ホールチーフの男性がちょっと私の苦手なタイプだったことでしょうか(サービスは完璧ですが、話し方や態度的に)。それを除けば、あとは満点!ちゃんとしたレストランで、ゆったり食べたい方におススメです。

ギャラリー(写真をクリックすると拡大します)
基本情報

DA ALIGHIERO
Via Garibaldi, 8 Anghiari (AR) ,
+39-0575-788040、
rist-daalighiero@libero.it
火曜定休、予約がベター

 

【AMAZON KINDLEより、2冊のトスカーナ本を発売】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」はこちらから

「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」はこちらから

 

関連記事

  1. フィレンツェ「Gilda Bistro’」、イギリスTVドラマを再現したオーナーこだわりのビストロ

  2. 何かと使えるフィレンツェのバール「La Boulangerie Del Rifrullo」

  3. ヴァティカン近く「Pinsa ‘m po’!」、新しいピッツァの形・ピンサ・ロマーナ専門店

  4. フィレンツェの旧市街外のエノテカ&レストラン「PIAZZA DEL VINO」

  5. フレスコバルディのエノテカ「Il Quartino」で、ブドウ畑の絶景を見ながら乾杯!

  6. アレッツォの春の午後は人がいっぱい

  1. TVドラマ「マメ―リ、イタリアを夢見た青年」

    2024.02.26

  2. ヴァザーリの右腕、ジョヴァンニ・ストラダーノ生誕500周年の展示会

    2024.02.18

  3. オブラーテ図書館、ドゥオモを拝みながらのゆっくりカフェ

    2024.02.15

  4. アレッツォ郊外、世界一のモザイク教会を夢見て

    2024.02.11

  5. カレンドラにラベンダー・・・アンナの手作りソープで嬉しいお風呂…

    2024.02.08

  1. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  2. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  3. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  4. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  5. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image