トマト好きにはたまらない!夏のトスカーナ料理の定番、パッパ・アル・ポモド―ロ

パンツァネッラに並ぶトスカーナ料理の夏の定番は、パッパ・アル・ポモドーロ(トマトのパンがゆ)!こちらもパンツァネッラと同じで、固くなったパンを再利用する料理です。なので、私も食べるまでは“ふやけたパン・・・気持ちわるぅ”と思っていました。が!こちらもハマってしまう美味しさ。ちなみにパッパの意味は、“離乳食”や小さい子供に対して使う”(一般的な)ごはん”ですが、これを離乳食として食べることはありません(笑)。

材料

◎ 熟したトマト・8~10個◎固くなったパン・適量 ◎玉ねぎ・半個 ◎バジリコ・10~15枚 ◎にんにく・4~5かけ ◎塩、ぺペロンチーノ、オリーブオイル・適量

 *作りやすい量で4~5人分ですが、作りすぎても冷蔵庫で2~3日はもちます。
作り方

1.みじん切りにした玉ねぎをたっぷりのオリーブオイルで炒める

2.1をよく炒めたら、にんにくを加える

3.2にトマトを入れ、ヒタヒタになるまで水を入れ、30分ほど煮る。煮ている間に水気がなくなってきたら、水またはブロードを追加してください。煮ている最中に自然にむけてくる皮を取り出す。

4. バジリコを入れて少し煮込み、更にパンを入れ、柔らかくなったらつぶしながら煮る

5. 塩やペペロンチーニで味を整えて、できあがり!

関連記事

  1. フィレンツェ県北部の名物パスタ「ムジェッロ風トルテッリ」

  2. 9月のフィレンツェのお楽しみ!ぶどうのスキアッチャータ

  3. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」の週末プログラム(11/24)

  4. フィレンツェドゥオモのクーポラを支えた「インプルネータのペポーゾ」

  5. 産地だからこそ生で!極上の「キアーナ牛のタルタル」

  6. トスカーナ vs バスク?鱈の料理対決!

Copyrighted Image