シエナーアレッツォ間で行きやすい!楕円形の小さな村「ルチニャーノ」

SNSの投稿などで気になっていた小さな村・ルチニャーノ。アレッツォ近郊はポッピアンギアーリロ―ロ・チュッフェンナなど素敵な小さな村が多いので、なかなか行く機会がなかったのですが、先日のコーディネイトの行程でアレッツォーモンテプルチャ―ノ間にある小さな村に寄ることになりました。王道はコルトーナですが、「せっかくだから日本で知られていない村」とリクエストを頂き、やはりここぞとばかりに(笑)提案してお客様にも気に入って頂き、遂に行くことができました!

SNSでよく見る写真は、上からの村の全景~ちょうど下記にリンクのルチニャーノ観光協会のTOP写真にも使われているのですが、ご覧のように旧市街は城壁に囲まれたキレイな楕円型。城壁の1つ内側の道も、同じ楕円形になっています。写真では分かりにくいですが、中心に向かって高くなっており、そこに市庁舎やツーリスト・インフォメーションがある中心の広場になっています。門は4つ、シエナに向いたサン・ジュスト門には誇り高きメディチの紋章が・・・現在の県区画とほぼ同じ、中世の頃からフィレンツェ、アレッツォ、シエナなどの町が交わる重要な丘の上の町だったのですが、他のトスカーナの町と同様に1500年代にはトスカーナ公国の領地となります。

サン・ジュスト門を入って左に行くと、左側には14世紀の塔、右側上に見えるのが1500年代末に建設されたコレッジャータ教会です。たまたまですが、ちょうど扉前でおしゃべりしていた男性がボランティアガイドさんで、いろいろ説明してくれました(おそらく英語は話せない)。祭壇後ろのマーブル模様の柱が絵であること、祭壇下の刺繍が見事なタペストリーはフィレンツェの工房の製作であること、礼拝堂のフレスコ画など・・・有益な情報以外でもプライベートの話など、かなりおしゃべりなので(苦笑)、時間がない方は意思表示しましょう。

コレッジャータ教会の左側面から上っていくと、そこはトリブナーレ広場。村の一番高みにあるメインの広場になります。上写真の左側は市庁舎で、入って左側すぐがツーリストインフォメーションカウンター、中は市立博物館も併設しており、シエナ派の絵画や聖遺物箱である黄金の木などの作品を見ることができます。右側の協会は、13世紀建設のサンフランチェスコ教会。

大きな見どころはそれくらいですが、他の小さな村と同様に、ゆくあてもなく路地を散策するのが楽しいです。この路地・階段は、ツーリストインフォメーションでもらった地図にカメラマークがついているように、なんともフォトジェニック!サンフランチェスコ教会を左に見ながら、下りて行ったところになります。平日の昼間とはいえ、観光客は私たちと外国人ファミリーの2組。あとは地元民~コレッジャータ教会のボランティアの人しかり、サンジュスト門でたむろしておしゃべりしているおじいちゃん達しかり、とっても「オヤジ度」の高い村でした(笑)

ここの魅力は、観光客がほとんどおらずイタリア田舎町の普通の生活が感じられること、そしてシエナーアレッツォ間のバスが通るので、シエナやアレッツォ拠点で動く人、この2都市をバスで移動する人には行きやすいこともあります。時間のあまりない方は、フィレンツェから東回りでオルチャ渓谷へ行く途中で寄ったり、ポッピアンギアーリロ―ロ・チュッフェンナコルトーナなどの他の小さな村と組み合わせて、ハイヤーで行くことをおススメします。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

【観光協会】
Visit Lucignano

【行き方】
Tiemme社138番のバスで、アレッツォバスターミナルより約35分、シエナバスターミナルより約50分。時刻表:アレッツォ→シエナシエナ→アレッツォバスの乗り方などについては、こちらを参照ください

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 【イタリアの最も美しい村】連載9回目はトスカーナ州バルガ

  2. トスカーナ、小さな村の10の美しい広場たち

  3. 産地だからこそ生で!極上の「キアーナ牛のタルタル」

  4. アミアータ山の中心的な村、アッバディア・サン・サルヴァトーレ

  5. アレッツォ北部「スティア」、映画「踊れトスカーナ!」の舞台となった小さな村

  6. ラツィオ州北部「モンテフィアスコーネ」、ボルセーナ湖を望む法王ゆかりの村

Copyrighted Image