フィレンツェの人気バール「Ditta’ Artigianale」、3店舗目は元修道院

イタリア生活で欠かせないバール。フィレンツェで用事があったり、散策する時にも1度は入ります。なので、フィレンツェは小さいとはいえ、各エリアにお気に入りのバールがあるととっても安心。私はほとんどの地区にお気に入りバールがあるのですが、あまり行かないとはいえ行きつけのバールがなかったサンタンブロージョエリアに、あの人気バール、ディッタ・アルティジャナーレの3店舗目ができていたので、行ってみました。1店舗目はウフィツィ美術館裏のネーリ通り、2店舗目はストロッツィ宮殿近くの通りにあり、後者はそのエリアに行く時に寄るバールです。

新しいお店はサンタンブロージョ教会の左横、2年もの構想とリノヴェーションを経て2021年にオープンしました。お店前と横にも外席ありですが、まずは中の様子を伺ってみましょう。高い天井で奥に長いスペース。そして右側に2つのホールと、その奥に屋外席があります。屋外席は建物の中庭・・・なんとこのお店、かつて1300年代に建設の修道院の食堂と中庭だったところで、。ヴォールト天井や壁の彫刻などのムードがまた良いんです!

人がいたから撮影はできませんでしたが、上の写真の右にあるガラス向こうのホールには、寝転べるような大きなソファーがあり、リラックスできまくる空間。今までの2店舗もソファー席があるんですが、ここはスペースが広いだけあってソファー席の数も多くいろんなタイプがあるので、行くたびにどこに座ろうかな~と楽しみになります。そして、ここはバールと言うよりもコーヒー豆専門店であるディッタ・アルティジャナーレのカッフェ講座が行われる場所。アマチュアの愛好者からプロまで、カッフェを愛する人にはたまらないロケーションなのです。

カッフェが美味しいのはもちろんですが、ブリオッシュやトルタ、マフィンなどのバリエーションも多くて迷っちゃいます!私は時間つぶしに入っただけなのでカップチーノだけにしようと思ってたのに、ついついピスタチオのブリオッシュも頼んでしまいました。そしてここは、いつも可愛いラッテアートをしてくれるのがまた嬉しい。

サンタンブロージョは言うまでもなく市民の台所である市場、そしてサンタ・クローチェ教会も近いので、その方面にお越しの際はぜひここでブレイクを。ブランチもできて、昼休みもなく朝から深夜0時まで営業しています。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Ditta Artigianale & Hario Cafe Sant’ Ambrogio
Via Giosue’ Carducci 2/4r Firenze
Tel : +39-055-9367419

毎日営業、7:30-0:00

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. フィレンツェから公共交通機関1本!市民で賑わう大型スーパー5選

  2. フィレンツェの無料で見られる「最後の晩餐」~アンドレア・デル・サルト作、サン・サルヴィ編

  3. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッスン

  4. 【フィレンツェの素敵な通り】 Via Santo Spirito サント・スピリト通り

  5. フィレンツェ北部ボルゴ・サン・ロレンツォへ、若きジョットの聖母を詣でる

  6. フィレンツェで話題の新レストラン、ソフィア・ローレンに行ってみた

  1. カラヴァッジョの最期を迎えた美しい村、ポルト・エルコレ

    2022.09.28

  2. モンテ・アルジェンタリオのシックな港町、ポルト・サント・ステフ…

    2022.09.28

  3. バス(市バス&長距離バス)を乗りこなそう!

    2022.09.25

  4. フィレンツェのトラムの路線、乗り方、切符の買い方

    2022.09.23

  5. イタリアの現代科学の父、さよならピエロ・アンジェロ

    2022.09.21

  1. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  2. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  3. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部・ ロンダ「休暇の家」で、気軽に本物のトスカーナ…

    2022.06.09

Copyrighted Image