堺筋本町の居心地のいい本格派イタリアン!「オステリア・ニンナナンナ」

大阪のオフィス街、堺筋本町にはためくイタリアの旗が目印の、ニンナナンナさんです。お店の名前、ニンナナンナはイタリア語で「子守歌」という意味。1人でもカップルでも家族でも、誰でもくつろいでほしいというオーナーの願いからつけられた名前です。実際、店構えもとてもナチュラルで入りやすい!右側はガラスブロックになっていて、狭いながらも明るく居心地が良い空間になっています。

私はランチにおじゃましたのですが、このランチメニューがすごい!パスタランチなのでパスタとパンだけかと思いきや、前菜盛り合わせが付いているのです!この日の前菜は5品、トスカーナではお馴染みレバーペーストのクロスティーニ+野菜、冷製コーンポタージュ、フリッタータ(野菜入り卵焼き)、タコと夏野菜、かぼちゃと充実の内容です。

パスタは2種から選べます。私は貝柱とキノコのクリームソース・・・トスカーナではあまりクリーム系は食べないし、貝柱なんてほんと食べないから、即決(笑)。これがですね、とにかく具沢山で、最後の一口まで具と一緒に食べられました。あの前菜食べた後なので、ちょうど満腹になる量で、最後まで美味しく食べられます。

一方、友人2人は両人とも牛肉とレンズ豆のトマトソース・・・レンズ豆をパスタソースに和えたことがないので、これも惹かれましたが、これは自宅に帰ってから真似をさせて頂きます!これも見るからに、具だくさんで美味しそう~。

シェフの山下さんはフィレンツェのレストランで修行し、大阪で独立して、先日17年周年を迎えられたばかり。とっても人懐っこい笑顔で、とっても丁寧な料理を作ってくださいます。入口に貼ってある修行当時の写真、現地からの葉書を見ると、とても充実した修行時代を送られたのだなー、フィレンツェを愛してるのだなーとほっこりとした気持ちになります。

なので、メニューは、鶏レバーのパテのクロスティーニ、トリッパの煮込みなど、トスカーナ料理を中心に前菜からパスタまで充実(ここに書いてるのは一部だそうです)。そして、山下さんはナント!ソムリエの資格も持っており、お食事に合うワインを揃えてあるので、ワイン好きの人は更に楽しく食事ができるはず。宴会メニューや飲み放題メニューもあるので、ランチにディナーに、飲み会やパーティに、いろんな使い方ができるお店でもあります。私のマガジンも置いて頂いているので、お越しの際は、ぜひマガジンももらって行ってくださいね。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

オステリア ニンナナンナ
大阪市 中央区北久宝寺町1-7-16
Tel : 06-6263-8008

月~土、11:30-14:00&17:30-22:00日曜日定休

 

関連記事

  1. 関西の美しきマンホールたち・その2

  2. オルベテッロ漁師組合経営!オルベテッロ潟の魚が食べられる「I Pescatori」

  3. 兵庫県川西市のあじさいの名所・頼光寺

  4. ヴォルテッラのレストラン ~ Le Cantine del Palazzo

  5. フィレンツェのソウルフード「ランプレドットのパニーノ」、どこで食べる?

  6. 捨て子養育院の最上階「Caffè del Verone」、フィレンツェの絶景を前に極上のカフェタイム

Copyrighted Image