フィレンツェ老舗の食材店「プロカッチ」、トリュフパニーノで優雅な軽食を

私が行かずとも、紹介せずとも、いろんなガイドに掲載・日本の方にも有名な高級食材店・ワインバーのプロカッチ。しかし、プロカッチと言えばすぐに出てくるのが、トリュフのパニーノ、ですね。私もそこまでは知っていましたが、なんと創業は1885年の超老舗!今も店名に残っている、レオポルド・プロカッチによって創業されました。開業後、すぐに市民に支持され、特にトリュフが名物に。1925年にはヴィットーリオ・エマヌエーレ3世によって王室特許までを与えられたそうです。

厳選された食材をカジュアルでリラックスできる空間で提供する」が創業以来の哲学。確かにトリュフという高級食材がウリのお店の割にはカジュアル?しかし、洗練された美しさが、そこにはあります。ワインは、トルナヴォ―ニ通りに館を構えるアンティノーリのものをはじめ、セレクトされたものがズラリとリストにラインナップ。グラスで6ユーロ~で、もちろんスタッフもワインの知識が豊富なので、好みを伝えて一緒に選んでも良さそうです。私は今回ワインは飲まなかったのですが、常連らしきマダム2人とスタッフとのワイン談義に花が咲いておりました。

さて、私がオーダーしたのは・・・

写真だと、白トリュフスライスが生ハムにも見えますが(笑)。今回はオススメでスクランブルエッグ+トリュフに・・・柔らかいパンに、ちょうどよい焼き加減でとろとろの卵に、贅沢に白トリュフのスライスが!こちらは4.50 ユーロ(約500円)でしたが、シンプルなトリュフパニーノは2.50ユーロ(約300円)。もちろんコレ1個ではあまりにも少ないので

バター・アンチョビのパニーノ2つ。水は小ボトル400ml、最後にエスプレッソとココナッツチョコクッキーで〆て、お会計は13.50ユーロ。もちろんお腹いっぱいにはならないけれど、食べるのは軽くだけど、落ち着いてゆっくりしたい時にこれくらいの価格ならいいかな、というお値段でした。パニーノの種類は他にも、定番のトリュフクリーム、生ハム・アーティチョーククリーム、スモークサーモン・アスパラガスクリームなどなど、いずれもバターやクリームにトリュフが入っています。春夏・秋冬と年に1度メニュー改定があるそうですので、一度行った方も、違うシーズンに再訪してみると良いですね。

行った日はまだ店内での飲食が禁止でしたが、店内にもカウンター席が少し。そして選りすぐりの食材たちも販売されています。パニーノに使われているトリュフクリームはもちろん、ワイン、チョコレートやトッローニなどのスイーツもあるので、お土産にも良いですね。

実は、私はここに行ったのがナント初めてだったんです・・・強がりの理由としては、メジャーなところには興味ない、ですが・・・

  • 高級ブランド通り・トルナブォーニ通り、という立地
  • お店の見た感じもとってもハイソ
  • お客さんもなんだかハイソ
  • とってもお高そう

本当のところ、私はとっても小市民なんです(苦笑)。でも友人が、「そんなに高くないよ〜、ツンツンもしてないよ〜」と言うので、先日雨降りの中、屋外でもパラソルがあって営業しているお店を探している時に、ピーンと来て行って来たのでした・・・。今は観光客がいないからいいですが、席数は多くないので、例年通りの賑わいなら席が開かないかも?なので、もし席が空いていれば、ぜひトリュフパニーニとリッチな気分を味わってみてくださいね。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Procacci 1885
Via de’ Tornabuoni 64R
Tel: +39-055-211656

月~土・10:00‐21:00、日・11:00‐20:00

【トスカーナより生中継のライブ&トスカーナ好きコミュティ】

「トスカーナ自由自在チャンネル★小さな村・生産者・職人・料理を現地から発信」

上記リンクより、詳細とお申し込みをお願いしますm(__)m

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. フィレンツェの旧市街外のエノテカ&レストラン「PIAZZA DEL VINO」

  2. フィレンツェのバール「キアーロスクーロ」で、手早くランチ&変わり種エスプレッソを

  3. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」の週末プログラム(12/28)

  4. シエナ郷土パスタ・ピチを手打ちで!オルチャ渓谷の小さな村・モンティッキエッロで料理教室

  5. ピサ近郊・ポンテデーラ「PIAGGIO博物館」で、ヴェスパとアぺに恋をする💛

  6. 「アップダウンの少ない」トスカーナの小さな村・7選

Copyrighted Image