ついつい食べちゃう、やっぱり「和スイーツ」

イタリアでほぼ毎日和食を食べていても、日本で食べたいご飯については先日書いた通り。そしてイタリアでなかなか食べにくいもののもう1つが、「和スイーツ」。ということで、お出かけ中のちょっとおやつ、は、ついつい和スイーツに手が伸びてしまうのです。TOP写真はお馴染み?スタバの抹茶フラペチーノ。

ドーナツ屋さんでも、抹茶をセレクト。

コンビニスイーツでも、抹茶ミルフィーユ。このほか、お呼ばれしたお宅に持っていくのも、たい焼きだったり、抹茶&ほうじ茶スイーツだったり、あられだったり。

しかし、これは私に限ったことではないのです・・・いや、私より、和スイーツに目がない人が1人・・・

うちの長男。ごはんもイタリアンより圧倒的に和食好きなのですが、この数年で和スイーツに目覚めてしまった男。今回、北海道でセルフマガジンを生徒さんに配って下さっている料理の先生・タケベミホさんから、六花亭の詰め合わせを頂いたのですが、長男が真っ先に手を伸ばしたのは、羊羹(笑)。学校から帰ってきた後も、「ばぁ~、だんご買ってきて!」と、みたらし団子、3色団子、せんべい、アイスまで抹茶モナカ。

最近は時間がなくて、イタリアでは小豆も炊いていませんが、秋からは小豆炊いて、白玉団子でも作りましょうかねぇ~。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

  2. 英単語をイタリア語読みすると、全く別の単語になってしまう話

  3. イタリアロックダウン緩和、5月18日からどう変わる

  4. ロックダウン第二段階がスタートしたので、近所で野の花を摘んできた

  5. やっぱり言葉がしゃべれたら・・・と思うとき

  6. 友人の子供の成長に、ちょっと感涙のクラッシック・コンサート

Copyrighted Image