100才でも、車イスでも・・・イタリアのビーチはみんなのもの

先日の記事で、イタリアの海は老若男女が楽しむ場所だと書きました。それは、私にとっても普通の風景となったのですが、今年のバカンスで初めて見た光景が2つありました。

1つ目は、車イスの方の海水浴。ビーチ用に作ったような、軽そうな車イスに波打ち際まで来たとと思ったら・・・車イスのまま、海へずんずん入っていくのです。もちろん自分の力だけではありません。車イスの方は70代後半と思われる女性で、彼女を含めて同年代の3組の夫婦。パラソル下でも楽しそうで、彼女が海水浴に行く時も6人一緒、男性陣が車イスを押して、海中でも支えて・・・ある程度の深さまできたら、彼女は車イスから身を投げ出し、ぷっかりと気持ちよさそうに大の字に浮かんだのです。それを特に気をかける訳でもなく、かといって無関心でもなく、彼女のそばで談笑する仲間。そして一緒に泳ぐ姿・・・しばらくすると、また仲間の手助けで浮いていた車イスに座り、皆でビーチに引き上げてゆく・・・そのすごく自然な感じに、温かさに、胸がほっこりしたのでした。

2つ目は、お年寄りでも90才超えていて、ヨチヨチ歩きのおばあちゃん。彼女のたっての希望なのか?そのあたりは分からないけれど、おそらくお子さんか孫か?という女性が両手をつないで少しづつ海に入っていく。もう1組の親子も、太り気味で足がおぼつかなさそうなお母さんと、手をつないでフォローする息子さん。なんかこれって、日本ではありえない光景・・・「海のバカンス文化の違い」もあるけれど、こういう光景があちらこちらで見られるのは、家族の絆のようなものがやはり強いからかなぁ・・・と。それもそのはず、それ以上にもっともっと見られるのは、小さい孫たちの世話をするおじいちゃん・おばあちゃんたち。それからもっと年をとって体が不自由となったとしても、そんな風にお世話になったお返しに?フォローしてもらえてるのかもしれませんね。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 実がなり始めた!~2021年夏・畑日記(2)

  2. 3つの「カーヴォロ」どう食べる?そして値段は?

  3. 東京オリンピックで引退する、イタリア超ベテランアスリート3人

  4. ミュラーの変わり種ヨーグルト、どれを食べてみたい?

  5. レッドゾーン間近のフィレンツェにて

  6. 初めての「自家製ふりかけ」〜 自然にやりたい気持ちに従うと、何でも簡単にできる

  1. トスカーナ州内の全てのバスが1つの会社に統合!

    2022.05.15

  2. 「糖質制限ダイエット」の最大の敵は、トスカーナ郷土料理だった!!

    2022.05.12

  3. フィレンツェの人気バール「Ditta’ Artigianale」、3店舗目は…

    2022.05.08

  4. アレッツォの春の午後は人がいっぱい

    2022.05.03

  5. 【イタリアの最も美しい村】マルケの海リゾートに隠れた古の村、グ…

    2022.04.29

  1. フィレンツェ北部・ ロンダ「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image