近代彫刻巨匠の作品が無料で見られる!フィレンツェ「マリーノ・マリーニ美術館」

芸術の町・フィレンツェに数カ所ある「無料で見られるミュージアム」の1つ、マリーノ・マリーニ美術館。マリーノ・マリーニはイタリアを近代彫刻家で、1901年にフィレンツェ西の中規模な町・ピストイアに生まれます。ピストイアにも美術館や財団がありますが、彼の死後、「マリーノが特に愛した町」であるフィレンツェに200近い作品が寄贈され、この美術館に展示・保存されることになりました。しかし、美術館の建物は教会?そう、かつては1100年代に建設されたサン・パンクラ―ツィオ教会で、ナポレオンの侵略の後は軍隊や工場の施設となり、1980年代にミュージアムとなるべく改装されたものなんです。

中に入ると、明るい空間が奥に広がります。現在は後陣は取り払われ、その部分が大きなガラス窓に。1階は主に、マリーノの作品でも中心的なものだった、ブロンズの大きめの作品が並んでいます。元々3身廊の教会なので脇の身廊や翼廊にも展示があり、1階だけでも結構見ごたえのある作品数ですが、展示はなんと3フロアにも!

脇の身廊から階段を上ると、こんな風に身廊の壁にあった柱、そしてアーチなども残っており、かつての教会だった頃の姿がしのばれますね。改築された部分は、マリーノの作品と調和するようなシンプルながらモダンな作りで、建築的な面からも面白いミュージアムです。

3階まで来ると、祭壇上の円天井に描かれたフレスコ画も近くに見えますよ。

マリーノのイメージはやはり彫刻なのですが、ここではたくさんの絵画も展示されています。絵画と言うよりも、彫刻を制作するための下絵?これは1つ上の写真の彫刻と同じようにも見えますし、

1階にあるこちらは対になって展示されているので、やはり彫刻用の下書きだったのでしょう。

モノクロの絵だけでなく、こんなカラーの人物画もありました。彫刻と絵画、と分野は違えど、細かい部分まで敢えて表現をしないところは、マリーノの作風ですね。サイトを見ると、これは1920年代の作品で、年を追うごとに抽象的で形をはっきり描かないように、晩年はモノクロや青単色になっていったり、アーチストとしての発展過程が面白いです。

フィレンツェにはたくさんの美術館や教会がありますが、近代美術は少ないですし、こんなユニークで才能にあふれた芸術家の作品が無料で見られるのですから、これは行かない訳にはいきません。駅やレプッブリカ広場からも近く、他の美術館が閉館が多い月曜日に開いているのも魅力的。マリーノの世界に、どっぷり浸ってみて下さい。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Museo Marino Marini

Piazza di S. Pancrazio, Firenze
Tel : +39-

土日月のみ、10:00‐19:00
その他の日はリクエストにて開館可能
常設展は無料、特別展示やルチェッライ礼拝堂は6ユーロ

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 【フィレンツェの素敵な通り】 Via Santo Spirito サント・スピリト通り

  2. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」の週末プログラム(12/28)

  3. アミアータ山、カステル・デル・ピアーノの圧巻のプレゼーペ

  4. フィレンツェ「インフィニティ」、ワークショップも楽しめる革製品工房

  5. 薬草好きにはたまらない!サンセポルクロの「ABOCAミュージアム」

  6. グレーヴェ・イン・キアンティ、黒鶏でお馴染みのキアンティ・クラッシコの里

Copyrighted Image