トスカーナで「農地バンク」760ヘクタール!若い農業就労者を応援

イタリア、そしてトスカーナで農業を始める人に農地を!2016年に開設された「イタリア農地バンク」。2月19日~4月19日に申し込み受付の3回目の販売では、トスカーナでは760ヘクタール、15区画が対象になります(シエナ県で4区画267ヘクタール、アレッツォ県で5区画195ヘクタールなど)。

ここでは「若者」の年齢制限は書かれていませんが、以前に記事にした「トスカーナは農業だ!~若い農業家に1800万ユーロ出資の農業政策」と同じで、40歳以下?こんな風に資金を提供し、そして土地購入に関してもこういったシステムがあるのが、新規就農家さんには本当にありがたいし、チャレンジしてみようという気持ちになりますよね。リンクした記事にある、11月に研究インタビューのために訪問したCIA(イタリア農業経営者同盟)のトスカーナ支部会長さんが「少ない資源でもやりたい意志があればできる、そのフォローは各機関が保証する。農業は若者にとっての1つの可能性であり、決して簡単な分野ではないが、アグリツーリズモやおもてなしの多角化など、革新と刺激であふれている」の強い言葉が印象的でした。

今までの視察研修のコーディネイトや今回のインタビューで、日本の若い農家さんがイタリアに来られたら!と思わず思ってしまうほど、イタリアでは農家に力を入れています。農家さんはもちろんですが、行政や農協など、施策を行う方にもっと来ていただきたいですね。

参考記事➡「トスカーナ北部の田舎で「自然農法」農家視察研修プログラム」

お問合せ&お申し込みは、こちら

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. さくらんぼの収穫は、鳥と虫との静かな戦い

  2. イタリアのお祭りには欠かせない、「ズバンディエラトーレ」

  3. おじいちゃんの器で頂く新スープ「スーラータン」

  4. 新しい色分け基準~2021年1月16日施行の首相令

  5. 今だからシミジミ分かる、日本人友のありがたさ

  6. フィレンツェからイノシシがやってきた!

  1. イタリアでは、「カスタマイズ」が当たり前

    2021.07.23

  2. 【かもめの本棚】イタリアの美しい村の連載・第3回目が公開となりま…

    2021.07.22

  3. EURO2020で再認識「イタリアはやっぱりマンマの国である」

    2021.07.21

  4. マルケ州トッレ・ディ・パルメ、海岸線を見下ろす「イタリアの美し…

    2021.07.20

  5. 電気自転車でどこまでも行こう!コーネロ山・E-BIKEツアー

    2021.07.19

  1. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  2. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. フィレンツェ北部・ ロンダ「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

  5. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

Copyrighted Image