イタリアが結束する時、そして自分の立ち位置を見直す時

皆さんもご存じだと思いますが、3月12日付けで「食料品店、薬局、ドラッグストアを除くすべての商業施設」も閉鎖になり、同じ市内であっても外出には理由を記載した自己証明書携帯が必須となりました。10日付けの移動制限が出た段階で私もすでに食料買い物以外は出ていないから、それほどがらっと変わったわけではないです。少なくとも私が見る限り、病院の最前線と一部のアホたれを除いてはパニックは起こっていませんし、今のスローガンである #iorestoacasa 私は家にとどまる、の元、皆がルールを守っています。いつもはてんでバラバラのイタリアが、ここまで統一?団結しているのに「やればできるやん」という関西人的ツッコミの気持ちと、「さすがイタリア!」というイタリア愛に満ちた称賛が、私の中でも行き交っています。

きっと、大丈夫!

みんなで乗り越えられるはず!!と信じています

とはいえ精神的には、自分はメンタル強い&流されない、と思ってる私でさえ、疲れてきました。家にいることに疲れてれているわけではありません。「公式発表だけ見てあとは楽しいことをして過ごす」と思いながら、結局SNSに流れてくるいろんなニュースやそこへのコメントを読んでるから。しかも2か国語でそれぞれの立場でいろんな議論があるもんだから、余計にたちが悪い。誰かが「イタリアの医療はヤバイ」いうと「確かにな!」と思ってちょっと不安になったり、「大変ですね」と言われたりコメントされると、大変と思ってないのに「大変なのかな?」となぜか不安になったり。発生の原因という事実と、そこで交錯する差別的な表現だったり、事実を書いているだけなのに差別だ!と過剰に反応するコメントだったり。そういう事を見ないでおこうと思ったら、議論は必要であり見ないで逃げるのはいかがなものか、みたいなコメントにまた「ハッ」となったり・・・なんで私はこんなに振り回されているんだ!?

もーそんなんどーでもエエわ!!!

私は政治家でも医療の専門家でも評論家でも何でもない。だから、もうそんな余計なことは考えないことにしました。最前線の大変な方たちをリスペクトしながらも、私自身は、ただただ、今の家にいる時間をいかに楽しく過ごすか、もう何年も前から続けている健康的な食生活をいかに高めていくか、アウトドア派の息子たちをいかにストレスたまらないようにするか、今は壊滅状態の仕事についてできることはないか?・・・精神的には、「超自己中」になります・・・そう決めたら、めちゃ元気になってきました(笑)。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 「アテネ遺跡パス・30ユーロ」はホントに得か?ほとんどを周ったリアルな感想

  2. ジェラートがいっそう美味しく!「アッフォガート・アル・カッフェ」

  3. 日本帰省時に落ちつくおかずは、やっぱり「たいたん」

  4. 「バジルソース」は、松の実じゃなくってもいいんです

  5. それは私のエゴなのか・・・

  6. イタリア料理を最後まで美味しく食べる極意!「スカルペッタ」

Copyrighted Image