私が初めて聞いたもう1つのイタリアン・ミュージック~Giorgia

先日紹介したズッケロとどっちが先だったか?ともあれ、NHKイタリア語会話で紹介されていて、私が初めて触れたイタリアン・ミュージックが Giogia です。こちらはズッケロと違ってスローな曲だったからか、今でもしっかり覚えている「E poi」

こちらも調べてみると、なんとほぼ同い年!の1971年ローマ生まれの49才。お父さんがミュージシャンだったんですね。1994年にこの「E poi 」サンレモ音楽祭の新人部門に出場しましたが結果は7位。しかし、サンレモではよくあることですが、優勝しなくてもそこから売れる人、曲はたくさんあり、ジョルジアもここから一躍有名に、そしてPavarotti & Friendsに呼ばれたり、Andrea Bocelliとデュエットしたり・・・そして95年には「Come Saprei」 でサンレモ優勝と評論家賞など5つの賞を獲得するのです。これ、しかもエロスとの共同制作!)

ミーナと並んで、イタリア人ポップスでは4オクターブの声域を持つ唯一の歌手として、そして世界でも有名な数少ないイタリア人女性歌手として確固たる地位を築いてきたジョルジア。でもなんだか、私のイメージはいつもちょっと悲しげ、はかなげな感じ・・・心配してしまうほど華奢な体形もありますが、やはり今の私には、ジョルジア=「Goccie di memoria(=記憶のしずく)」、映画「La finestra di fronte(=向かいの窓)」の主題歌が強烈な印象で残っています。

Sono gocce di memoria
Queste lacrime nuove
この新しい涙は、記憶のしずく
Siamo anime in una storia
Incancellabile
 消し去れないあるストーリーの中の魂
Le infinte volte che
Mi verrai a cercare nelle mie stanze vuote
Inestimabile
果てしなく空っぽな私の部屋に、私を何度も探しに来るでしょう
È inafferrabile la tua assenza che mi appartiene
 あなたがいないことなんて理解できない
Siamo indivisibili
Siamo uguali e fragili
E siamo già così lontani
私たちは目に見えない、そして同じように弱くて
もうこんなに遠くなってしまった
Con il gelo nella mente
Sto correndo verso te
記憶の中の霜とともに
私はあなたのもとへ走っている
Siamo nella stessa sorte
Che tagliente ci cambierà
私たちを変えるであろう、鮮明な同じ運命の中にいる
Aspettiamo solo un segno
Un destino, un’eternità
1つの夢、1つの運命、1つの永遠だけを待っている
E dimmi come posso fare per raggiungerti adesso
Per raggiungerti adesso, per raggiungere te
今、どうやったらあなたにたどりつけるのか教えて
今、どうやったらあなたに、どうやったらあなたに
Siamo gocce di un passato
Che non può più tornare
私たちはもう戻ることのできない、ある過去のしずく
Questo tempo ci ha tradito, è inafferabile
私たちを裏切ったこの時は、理解できない
Racconterò di te
あなたのことを話すわ
Inventerò per te quello che non abbiamo
私たちが持ってないものをあなたのために作り出すわ
Le promesse sono infrante
Come pioggia su di noi
私たちに降る雨のように、約束は裏切られた
Le parole sono stanche, ma so che tu mi ascolterai
言葉はもう力がないけれど、あなたが私のことを聞いているのを知ってる
Aspettiamo un altro viaggio, un destino, una verità
次の旅、運命、真実を待っている
E dimmi come posso fare per raggiungerti adesso
Per raggiungerti adesso, per raggiungere te

今、どうやったらあなたにたどりつけるのか教えて
今、どうやったらあなたに、どうやったらあなたに

これは前年に、交通事故で亡くなったジョルジアの恋人にささげられた歌だそうで・・・もう聞いているだけで、今でもはかなくて切なくて泣ける・・・そしてこの映画は、同じく記憶喪失した老人を助けるうちに自分の過去の夢などを思い返した主人公が、向かいの建物に住む男性と恋に落ちるも、葛藤の末に自ら身を引くというとても切ないストーリー。ラブストーリーではなく、人生を考えさせられる、とっても深いイタリア映画らしい素晴らしい映画で、超おススメです。主人公を演じるジョヴァンナ・メッゾジョルノの演技も素晴らしいし、相手役のラウル・ボアもやっぱりかっこいい~!!(笑)

特に普段から音楽を聴くことはないのですが、最近人気のあるマルコ・メンゴーニともデュエットしてたり、やはりイタリアの女性歌手の中では実力・人気ともにトップを走る1人なのだなぁ~と。そういえば今年のサンレモでも、イタリアのビック女性歌手7人で「女性への暴力反対」イベントの告知に出ていましたね。ちなみにこの7人とは、

  1.  Fiorella Mannoia
  2. Gianna Nannini
  3. Giorgia
  4. Laura Pausini
  5. Elisa
  6. Emma
  7. Alessandra Amoroso

5までは私も知っている超有名歌手ばかりですが、エンマは近年よく名前を聞く人気歌手(フィレンツェ出身だと今知りました)、でも7は全く???ともあれこのゴージャスな7人で9月にコンサートを行うそうなのですが、その時までにコロナは収束しているのかなぁ・・・

ともあれ今回はジョルジアを紹介しましたが、皆さんはどの女性歌手が好きですか?
※TOP写真は留学してすぐ買ったCD。フィレンツェのレプッブリカ広場近くのCD屋さんで・・・今はネスプレッソの専門店になってます💦

関連記事

  1. 【我が家の食卓】夏のサボり料理は「ツナ×豆×赤玉ネギ」で決まり!

  2. おらが村「休暇の家」のカテリーナ&カルロ、元気にしています

  3. Quando possiamo vederci 会えるようになったら

  4. 【レポ】モンタルチーノ・ブルネッロのワイナリー訪問

  5. 栗ご飯と豚汁の極上ランチ

  6. 6か月ぶりの、オルチャ渓谷へ!

Copyrighted Image