とうとう畑に手を出してしまった・・・2020年夏畑日記(1)

ロックダウンも2か月が過ぎ、うちのダンナも自宅勤務とはいえ、かなりの自由時間をもてあまし・・・3月は剪定の嵐(荒らし?)、コンポストへ行く坂への階段作り、隣庭との柵(柵は隣人担当、ニス塗りがダンナ担当)、庭の床、壁の大清掃、2階物置テラス用の棚づくり・・・まぁあるとあらゆるDIYをやりつくし、そしてとうとう、禁断の・・・畑にも手を出してしまいました。うちは私もダンナも都会育ちで、畑にそれほど執着もなければ経験もありません。ここに引っ越してきてから最初の2年だけトマトとズッキーニをやっただけで、夏には私たちは日本&ダンナはフィレンツェのマンマ宅に移動するのもあり、この10年以上、全く畑はやってなかった、いやヤル気はなかったのです。が、ダンナもあと3週間は自宅勤務が決定し、日本帰省も99%なくなった今、私たちを止めるものは何もない!!

耕し、水をやってまた耕し、、そしてお隣さんとの柵の廃材を利用して囲いと網を製作=出ないと夜中に野生動物に荒らされてしまうから。鹿とかも来るらしいので、腰くらいの高さまで。イタチ系?土掘って網の下から入ってくる奴もいるらしいので、ここは石などで補強したほうがいかなぁ・・・

そして、ラベンダーを植えた3年前ぶりに、コンポストも開けました。もう10年ちかく捨てている我が家の生ごみが、ふかふかの肥料になってるのを見ると感動します。しかし、卵の殻はなくならないのね~。あと果物の種とか栗・クルミの殻も。中からなくしたと思っていた皮むき器が出てきてまたビックリ(苦笑)。そしてこの肥料と、元々地面にあった土と、買ってきた園芸用土を、混ぜ、

ズッキーニとサラダ菜を。ホントはサラダ菜も4株くらいでいいか、と思っていたのに9株セットしかなく、結局、トマト類はここに入らず!!とことん、素人な私たちですが、プランターはいっぱい余ってたので、トマト4苗はプランターに。

左が2つの鉢がプチトマト、右の長いのが普通のトマト。上のは2週間前に花屋さんからオマケでもらった赤ちゃんバジル、半分は根付かなかったけど、半分はいい感じに育ってます。問題は、今回品切れで予約した、きゅうりの苗2つをどうするか?ズッキーニはほんとにデカくなるので、上の畑では無理そう・・・やっぱりプランター?・・・これで畑が日常化したら、冬野菜は畑拡大しないとダメですね。

関連記事

  1. 希少な森のハチミツ、「メラータ」

  2. イタリアの伝統、おばあちゃんの「パスタ・フレスカ」を受け継いで

  3. バッボに突きつける、長男の初めての「NO」

  4. イタリアの中学・高校、教科書購入のてんやわんや

  5. どうしてモニターツアーをしようと思ったのか

  6. 痛んだ&まずいリンゴを美味しく消費する方法

  1. 私が混乱した「トスカーナ弁」その7・ハホってハホってハホりまくる

    2020.05.29

  2. イタリアの「海」と「山」どっちが好き?1~アブルッツォ州バカン…

    2020.05.28

  3. イノシシのソースには、やっぱり「パッパルデッレ」

    2020.05.27

  4. さくらんぼの収穫は、鳥と虫との静かな戦い

    2020.05.26

  5. もよう、かたち、いろ・・・虫観察がめちゃめちゃ楽しい

    2020.05.25

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image