クリスマスランチの余り食材&料理、フル活用ビフォーアフター

クリスマスから早1週間以上たっていますが・・・その後も我が家は余ったものを食べ続けていました(笑)。同じものばっかりになるのが嫌なので、いろいろとアレンジしたビフォー・アフターの記録です。

① クロスティーニのサーモンとサラダのルーコラ ➡ スモークサーモン丼

これはもう大好評で、5分で完食。クリスマス後も同じ大容量スモークサーモンが特価だったので、またこの丼用に買っておきました!

② ブロードのカッポ―ネ(鶏肉) ➡ カリカリシーザーズサラダ

カッポーネ(去勢した雄どり)は半分を購入したとはいえ、それなりの量が。皮はそのままだと食べにくいので、カリカリに揚げ焼きして、シーザーズサラダに。鶏皮嫌いのダンナにも好評でした。

③ ブロードに使用した牛タン&カッポ―ネ(鶏肉) ➡ ボッリート
前回ボッリートをしたときに冷凍していた余ったグリーンソースを解凍。牛タンとカッポーネの一部を消費しました。

④ ブロッコリーのフラン ➡ クロスティーニ
型に入りきらずクリーム状で残ったフランはパンに塗り、チーズを振りかけてオーブンで。

⑤ ブロードのムスコロ(牛肉) ➡ 牛そぼろ丼
最初は定番のリファットにしようと思ったのですが・・・玉ねぎと牛肉=牛丼!とひらめいたので、甘辛に煮て冷凍保存。卵とルーコラを添えて、3色丼に。

⑥ メインの豚の柔らか焼き ➡ ラーメンのチャーシュー
この豚はもう絶品だったのですが、味はやや違えどチャーシューそのもの!ってことで、クリスマス前に仕事でフィレンツェに出たときに見つけた「出前一丁」、クリスマスの夜に食べました!インスタントラーメンも、おいしいチャーシューがあればかなり格が出ます!(笑)。

その他、たくさん作ったトルテッリーニとブロード、トルテッリ―ニの具は挽肉と混ぜて作った肉団子、ブロードで使ったカッポ―ネ残りは冷凍。こう考えると、控えめに作ったとはいえ材料と料理盛りだくさんだったんですねー。マンマにお任せの場合は、そのまま毎日同じものを食べ続けるので正直飽きるんですけど、こうやって、しかも和風にもアレンジして消費すると飽きません。ただし、クリスマスが終わってもずっとキッチンにこもりっきりになりますが(苦笑)。さ、次の家族でフェスタはイースター。例年通りマンマに任せっきりになるのか?また家ごもりになるのか?

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. アーティチョークは、こんな風になっています

  2. 【写真加工】ペイントで満足できないなら、CANVAがめちゃ使える!

  3. フィレンツェSMN駅ゲート開通から1か月、メリット&デメリット

  4. 【我が家の食卓】アーティチョークが旬だから、サラダでガンガン食べてしまおう

  5. 鮮魚がなくてもOK!Kyokoさんの海外で「カンタン押し寿司」

  6. トスカーナ、小さな村の熱い?戦い

  1. プーリア州ロコロトンド「U Curdunn」で待望のロコロトンド風トリッ…

    2021.12.06

  2. イタリア高校中学の面談回数がえげつない

    2021.12.03

  3. 家に帰ってから旅を楽しむ方法

    2021.12.01

  4. 細かいところがいろいろ違う、プーリア鈍行列車の旅

    2021.11.27

  5. 【かもめの本棚】イタリアの美しい村の連載・第7回目が公開となりま…

    2021.11.23

  1. フィレンツェ北部・ ロンダ「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

  2. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  5. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

Copyrighted Image