ライブを始める時に必要な、三種の神器

この1か月くらいはライブライブだと言っていますが・・・何を隠そう、超初心者でした。サイト、Facebook、インスタグラム、ちょっとだけツィッター・・・SNSは必要に迫られた時々に少しづつ増やしてきましたが、「やらないの?」と言われても絶対できる気がしなかったのがYoutube。動画編集は絶対無理!と手を出さず。大きなきっかけとなったのは、昨年10月に参加させていただいた「あうたびローマツアー」。

フジTV国際開発局×あうたびさんの「ローマの人々に会いに行く!オンラインツアー」に出ます

ここで、ライブって面白い!、から、今年に入ってライブで何かできないか・・・と本格的に考えるようになりました。しかし、あうたびさんの場合は私は現場で30分歩いてしゃべるだけで、全体の構成やテクニカルな部分には一切かかわらず。それが自分でやるとなったら、さあ、大変!!企画の段階から、友人でYoutuberでもあるあかねさんにいろいろ教えてもらったりして、少しづつ機器も揃えていきました。

そんな超初心者の私が揃えた、3つの神器!とはやや大げさ?ですが、揃えた機器3つを紹介します。(スマホ、インターネットは当たり前として除きますね)

ジンバル(スタビライザー)

1番目に買ったのが、これ。動いた時の揺れを緩和させるものなので、室内で固定カメラでライブする人には必要ないかもしれません。私はこの機器の名前も何も知らなかったのですが、一番最初に上記のローマツアーに参加してくれた友人に「私のスマホの画質とか声の大きさとか、問題なかった?と聞いたら・・・

「画質も声も問題なかったけど、揺れが気になった」

それを言われた時、前にあかねさんが何か書いてたなぁ・・・と思って、この機器自体を知ることになったのです。あかねさんが紹介してくれたのはやや高価&三脚がなかったので、検索し比較してこれに決めました。アマゾンイタリアで比較したので上の日本語紹介ビデオは見てないのですが、アマゾンイタリアでも高評価でしたよ✨ 使い慣れるまで苦戦しましたが、1人リハライブしたものをパソコンで見ると、本当に揺れがかなり緩和されているし、持ってても疲れない、そして三脚もめちゃ便利。本当にポケットに入れて持ち運びしてるくらい、気軽に使えます・・・しかし、上の動画を見ると、まだまだ使いこなせていない機能があるので、これから取り入れていくのが楽しみです。

モバイルバッテリー

続いて心配になったのが、果たしてスマホのバッテリーは持つのか?ローマツアーではスマホをネットにつなぐだけだったけど、今回は更にジンバルへの接続とライブスタジオシステム?Streamyard にもつなぐし、更に田舎で電波弱い分、電力消費するのでは・・・?と、何回かテストをしたら、だいたい15分で20%消費=1時間15分でゼロ?ということはライブ1回でギリギリ!かなり怖いので、今更ながら、購入しました。もっと安いもの軽いのもあったのですが、災害時にも使えるように、太陽光充電もできるタイプで、更に災害時やアウトドアにも役立つ?懐中電灯付き。何回かのリハでは1時間半でも大丈夫でしたが、これもフル充電して装備していきます。

スマホ用イヤホン&マイク

これ実は今週頭に届いたもので、今のところ試しに自分で使っただけ!なんでこんなギリギリだったかというと、先週末に行ったリハの時、風が強くてあかねさんから「この音、何~?」と聞かれたこと・・・考えてみると、悪天候だったらどうする?雨は降らなくても、この日と同じように、この日以上に風が強かったらどうする?ってことで、急遽、買い足し!今のところ、田舎とか農場なので車や人の喧騒はないかもしれませんが、これも備えあれば、憂いなし!ということで。

という訳で、この3つを屈指して?のライブはこちら 👇 👇 👇
今入会いただくと、27日(土)メインライブと28日(日)ゆる料理ライブは無料で見られます(録画であとからも見られます) 👇 👇 👇

【トスカーナより生中継のライブ&トスカーナ好きコミュティ】

「トスカーナ自由自在チャンネル★小さな村・生産者・職人・料理を現地から発信」

上記リンクより、詳細とお申し込みをお願いしますm(__)m

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. 不純だっていい!バイリンガルの日本語勉強のモチベーション

  2. 連載の翻訳が11年目を迎えました~時計Begin春号発売!

  3. guzzini (グッツィ―ニ)、イタリアらしいスタイリッシュなキッチン雑貨

  4. 鍋を買う女

  5. イタリアでまともに呼ばれない、日本人の名前実例

  6. 経営者の鏡?フィレンツェは「ロッコ・フィーバー☆」

Copyrighted Image