ミートソースだけじゃない!「ラグー」いろいろ

イタリア料理がかなりポピュラーになってきて、日本語でも「ラグー」と使われるようになってきましたね。ラグー、はい、いわゆるミートソースを指します。ボローニャの郷土料理であることあら、ボロニェーゼと呼ばれることもありますね。とにかくラグーは大人から子供まで大人気の、イタリアでも定番中の定番のパスタソース。でも、実はラグーはミートソースだけじゃないんです・・・?そんな変わり種?ラグーを4つ紹介したいと思います。

ラグー・ビアンコ

ラグー・ビアンコと定番のラグーとの違いは

  • 赤ワインでなく白ワインを使う
  • トマトを加えない

ボンゴレでもボンゴレ・ロッソ(トマトソース)とボンゴレ・ビアンコ(トマトソースなし)があるようにピッツァにもピッツァ・ビアンカ(トマトソースなし)があるように、ラグーにもビアンコがあるってわけです。

ラグー・フィント

フィント=フェイク、偽物の意味で、「偽物ラグー」・・・それはいったい?はい、肉なしで、あたかも肉のように見える粒々は香味野菜(玉ねぎ、にんじん、セロリ)!基本のラグーの肉なしバージョンです。うちは大の偏食家の次男向けに良く作りますが、一般的なラグー・フィントよりも香味野菜のみじん切りが細かめ。これより大きいと野菜感が出て食べてくれない危険性も・・・母はだましだまし食べさせるのに苦労しております(滝汗)。これだとどちらかというと野菜入りトマトソース感が強いですが、いずれにしても香味野菜のうまみタップリ!ベジタリアンの方やダイエット中の方にもおすすめのラグーです。

海の幸のラグー

基本的に「○○のラグー」となった場合、素材の○○を細かく切って、ひき肉の代わりに入っている料理になります。私が初めて肉以外のラグーを食べたのは、2007年のサルデニアのレストランにて。サルデニアのパスタである「ニョッケッティ・サルディ(サルデニア風ニョッキ=形がニョッキに似てるだけで普通のパスタです)」に、ムール貝、ボンゴレ、タコやエビを細かく刻んだソースがとっても美味しかった!・・・という訳で、

中に入れるものが変わったり、単品になったりしますが(笑)、我が家でもたまに作ります。これはタコだけのタコのラグー。タコ好きな息子たちの人気のメニューです。

キノコのラグー

【我が家の食卓】なんにでも使える!便利なキノコのラグー

これも「海の幸のラグー」と同じく、きのこを細かく切ってひき肉のかわりに入れたもの。これはシャンピニオンというキノコの単品ですが、いろんなキノコを混ぜるともっと味わい深くなって美味しいはず!日本に比べると市販のキノコの種類が少ない&高いですが、今年の秋はいろいろ混ぜてみようかな~。

皆さんは、どの「ラグー」が食べてみたいですか?

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. イタリアのバールの魅力~カッフェ1杯で何ができる?

  2. 関西の美しきマンホールたち・その2

  3. リモートワーカー歓迎!トスカーナ山間の村で移住推進プロジェクト

  4. イタリア、クリスマス休暇は全土ロックダウンに

  5. 【イタリア旅行を楽しむ為の予備知識】スラれる&騙されるパターン集

  6. 鬼門の1月17日と、「生ききる」ということ

Copyrighted Image