【我が家の食卓】なんにでも使える!便利なキノコのラグー

私、そして長男は大のキノコ好き!日本だと、シイタケ、マイタケ、エノキ、シメジ、なめこ、エリンギ・・・いろいろありますが、こちら(少なくとも私の周り)では、市販で一般的に食べるキノコの種類が非常~に少ないのです。どこでも売ってる&よく使うのは、こちらのシャンピニオンと呼ばれるもの。日本で言うとマッシュルームのデッカイ版って感じでしょうか?

味は淡泊なので、いかようにも使えます。うちはニンニクとイタリアンパセリで炒めて付け合わせにしたり、ピッツァの具にしたりが多いですが、こんな風にちょろっと余った時にやってみて好評だったのが、この「キノコのラグー」。ラグー=ミートソースを指しますが、挽肉みたいに細かくポロポロにして煮込めるものも「ラグー」と呼びます。例えば、タコを刻んでトマトなどで煮込んだ「タコのラグー」とか・・・それのキノコ版。パスタに絡めるだけでなく、特にポレンタのクロスティーニの具や、うちではハンバーグのソースなんかにも使います。余ったら冷凍保存もOKだし、あると便利な一品ですよ。

材料(4人分)

◎シャンピニオン(キノコ何でも)・大7~8個 ◎にんにく・2~3かけ ◎トマトピューレ・大さじ2杯 ◎オリーブオイル、塩、イタリアンパセリ・適量

作り方

1)にんにくをみじん切りして、たっぷりのオリーブオイルで炒める

2)みじん切りしたキノコとイタリアンパセリを1)に追加し、更に炒める

3)2)にトマトピューレと水少々を追加し、塩で味付けし、煮込む

4)茹で上がったパスタを絡めて、出来上がり!

パスタはしっかり絡まるスパゲッティやフジッリ、ラグーが中に入って一緒に食べやすい、ペンネなどがおススメです。

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. ヨーロッパいち大きなサボテン

  2. アテネ中心部の移動はこれだけでOK!地下鉄とトラムがお得に使える「ATH.ENA TICKET」

  3. トスカーナで一番大きい空港は、ピサ!

  4. 連載の翻訳が11年目を迎えました~時計Begin春号発売!

  5. ナス、カットチコリ、二十日大根が増えました・・・2020年夏畑日記(4)

  6. プロフィール写真撮影は、自分への癒し♥非日常の時間!

  1. 「ヴァティカン庭園ツアー」で、寺院と博物館でないヴァティカンに…

    2020.07.16

  2. 誕生日の夕べ~夜のフィレンツェは涙が出るくらい美しかった

    2020.07.15

  3. 【我が家の食卓】タコ丸ごと1匹、どう料理する?

    2020.07.14

  4. ドライフラワーで、お気に入りのブックエンドを

    2020.07.13

  5. 「La Campana」、世界最古!1518年創業のローマ料理レストラン

    2020.07.12

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image