フィレンツェに、活気が戻ってきた!

先週から次男の日本語学校も再開となったため、フィレンツェに毎週行っています。

フィレンツェへは、ロックダウン明けの5月23日
※記録写真集も電子書籍で販売中です。
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

84日ぶりのフィレンツェ

そしてダンナ誕生日ディナー

誕生日の夕べ~夜のフィレンツェは涙が出るくらい美しかった

それから先週は、所用と日本語学校で2回行きました。5月のロックダウン明けすぐは本当に悲しくなるほど人がいなく、7月はそこそこ人の戻りは感じたもののまだまだ。大賑わいのアミアータ山とエルバ島から帰ってきた身としては、先週でさえも、「お田舎や海は良くても、観光都市は厳しいな・・・」と思っていたのです。しかし、先週の土曜日は違いました。駐車場からアルノ川沿いを歩いたTOP写真では人が少なそうに見えますが、前はガラガラだったレストランの外席も満席だし、何よりも・・・

ヴェッキオ橋の上が、人をかき分けないと歩けない!!

数軒しか出ていなかった新市場のロッジアも、間引き気味とはいえ全面に市は立っているし、金のイノシシ像には撮影待ちの列までできている!

そしてドゥオモ前も、大聖堂に入る列ができていました。入場制限はあるにせよ、ここは前から身体&荷物チェックでいつも列ができていたし、中はとても広いので入場制限による行列ではないと思います。ロックダウン解除後と同様、お店などクローズな空間に入る際はマスク必須&備え付けジェルで手を消毒の必要はあるものの、皆もそれに慣れてきて、つづがなく日常生活が送れている感じです。もちろん、イタリアでも毎日1500人前後の新規感染者もいるし(ただし6割程度が無症状)、考え方に個人差もあるので、もろ手を挙げて収束に向かってる!という訳ではありません。ただ、こんな活気のあるフィレンツェを見たのは本当に久しぶりなので、単純に嬉しかったです。欧州以外から来伊できるかはこの秋冬にかかっていると思うので、本当に祈るような気持ちです。

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. 私が初めて聞いたもう1つのイタリアン・ミュージック~Giorgia

  2. ロックダウン第二段階における「国VS州」市はどうする?

  3. フィレンツェ北部のバール「GARDEN CAFFE’」、ここのバーガーセットを食べたら他のは食べられない

  4. FAI(イタリア環境基金)による「愛しき場所」プロジェクト

  5. 海外で日本の家電を使う&日本でイタリアの家電を使うには

  6. アクセス簡単!ボッカチオの故郷、チェルタルド

Copyrighted Image