ピティリアーノのボリュームたっぷりトラットリア、Il Grillo(イル・グリッロ)

マレンマ地方の凝灰岩の町、ピティリアーノ。

断崖絶壁にそびえる姿は圧巻!美しき凝灰岩の村・ピティリアーノ

通算6回行った中で、5回目までは2つのレストランに入った結果、やっぱりここが一番!と思ってるのはこちら

ピティリアーノ「Il Tufo Allegro」で、極上のマレンマ伝統料理を食す

なんですが、最近6回目に行った時は、ここが臨時休業・・・ということで、エアビーのアパートの管理人さんや、入ったお店の人におススメを聞いた中で、2人ともが言ったお店がこちら、Il Grillo。マレンマは羊を食すことが多いのに、何気にIl Tufo Allegro 以外ではここしか羊の煮込みが見つからなかった、というのもあり、羊大好きな私はここに決めました。店名は訳すとコオロギ、店員さんのポロシャツにマスコット的にコオロギの刺繍が入ってました。場所は村に入ってすぐ左の水道橋沿いの道。中の席数も外の席数もそれほど多くないので、春~秋は予約がベターだと思います。

さてさて、この日は昼間にパニーノだけだったので、夜はがっつりこの地の料理を食べるぞ~!と、プリモとセコンド、そしてワインを。プリモはパスタ系ではフィレンツェでもなんなら家でも食べられるものが多かったので、愛着のある南トスカーナの「Piatto Povero(粗末な料理)」を代表するスープ、アクアコッタを。これはダンナおばあちゃんがよく作ってくれた思い出の一皿で、あまりにも超家庭料理のためレストランではあまりメニューにないのです。そして昼間は暑いけどやはり夜はかなり涼しく、温かい(どころかあっつあつで舌を火傷しました・苦笑)滋養ある具だくさんスープは本当に美味しかった!

ちなみに、ワインは白ならその名もピティリアーノを選ぶのですが、赤にしたので近郊のスカンサーノのDOCGワイン・モレッリ―ノに。

そしてメイン・・・トリップアドバイザーに載ってたメニューには羊の煮込みがあったのに、この日は仕入れがなかったそうで残念!しかし、メニューにある中から選んだこのイノシシの煮込みがめちゃくちゃ美味しくて、結果オーライでした。いつも食べるイノシシの煮込みはトマトソースですが、こちらはここのシェフのオリジナル、プルーン煮込み。なので甘みもあり、肉がめちゃくちゃ柔らかい!猪の新しい、美味しい食べ方でした。

しかし、写真でご覧になると分かるように、ボリュームはめちゃくちゃあります。歩き回ってかなりお腹が空いていた私も、猪は少し残してしまいました・・・「デザートは?カッフェは?」と聞いてもらっても、もう何も入りませーん💦状態。スタッフも感じよく、このボリュームでならコスパは良いし、ピティリアーノにもう1つおススメできるお店ができました。

基本情報

Trattoria Il Grillo
Via Cavour, 9, 58017 Pitigliano GR
Tel : +39-0564-615202

水~月、12:30-14:30&19:30-21:00
火曜定休

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. 捨て子養育院の最上階「Caffè del Verone」、フィレンツェの絶景を前に極上のカフェタイム

  2. 小さな集落の秘伝&限定パスタ「アコーネ風ペンネ」

  3. リモートワーカー歓迎!トスカーナ山間の村で移住推進プロジェクト

  4. プーリア州ロコロトンド「U Curdunn」で待望のロコロトンド風トリッパを食す

  5. フィレンツェ市民の台所、「サンタンブロージョ市場」

  6. フィレンツェ「Volume」、元工房をそのまま残した居心地の良いバール、

  1. TVドラマ「マメ―リ、イタリアを夢見た青年」

    2024.02.26

  2. ヴァザーリの右腕、ジョヴァンニ・ストラダーノ生誕500周年の展示会

    2024.02.18

  3. オブラーテ図書館、ドゥオモを拝みながらのゆっくりカフェ

    2024.02.15

  4. アレッツォ郊外、世界一のモザイク教会を夢見て

    2024.02.11

  5. カレンドラにラベンダー・・・アンナの手作りソープで嬉しいお風呂…

    2024.02.08

  1. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  2. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  3. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  4. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  5. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image