モンテ・サン・サヴィーノ村のアルドさんの極上ポルケッタ

アレッツォ県、キアーナ渓谷の小さな村、モンテ・サン・サヴィーノの見どころはこちらの記事で紹介していますが、それらと同様に「マスト」と言っても過言でないのが、こちらのお店。その名も「LE DELIZIE DI ALDO=アルドのごちそう」。アルドさんとは、イタリア料理インターナショナルスクールより「芸実と職業のマエストロ」の称号を受けた肉マエストロ。このお店の右横、1960年創業の肉屋のおじさんなのですが、様々な種類のサル―ミ、とりわけポルケッタの美味しさは抜群。オーガニックのチンタ・セネーゼを使ったこれらの製品のために「Sapori di Valdichiana=キアーナ渓谷の味」という会社も設立し、1964年から開催されたこの村の歴史あるイベント「ポルケッタ祭り」の発起人の1人でもあります。そして2010年のこの祭りの中で作られたアルドのポルケッタは、44.93mで世界一長いポルケッタとしてギネス認定もされました! また「モンテ・サン・サヴィーノのポルケッタ」は、トスカーナ州の伝統食品として認定もされています。

私が村に着いたのは19時半ごろ。金曜とはいえこんな小さな村だから予約なしで問題ないと思いきや・・・満席!!しかし、このアルドさんのポルケッタを食べることがミッションの1つだった私は、ここで引くわけにはいきません。1人なんだけど・・・ポルケッタが食べたいんだけど・・・パニーノでテイクアウトもできない?と愛想が良いとは言えない女性店員に食い下がっていると、後ろでニコニコしたおじさんが! それがアルドさんだとは、あとでハッと気づいたこと。きっと外国人観光客が来ない村で、自分のポルケッタが食べたいと食い下がるアジア人がいることを嬉しく思ってくれたのでしょう(笑)。結局、1人なら席作ってあげる、通路だけど良い?と言ってもらえ、安心してまずはB&Bに荷物を置き、ウキウキで店に戻ったのでした。

紙マットもアルドさん一色!笑。
メニューは肉料理を中心に、一般的なトスカ―ナ料理はほとんどカバーしています。周りのテーブルのサル―ミの盛り合わせ、ラグのパスタなんかもめちゃめちゃ美味しそう・・・しかし!私のミッションはやはりポルケッタ!ポルケッタ一択で、付け合わせにシンプルなサラダをオーダーしました。もちろん赤ワインも忘れずに・・・

どどん!と、豪快に一切れがお皿にのせられています。今までの食べたポルケッタって、結構ハーブや塩コショウがきつくて、それはそれで美味しい(ワインも飲みすぎる)ですが、アルドさんのポルケッタは程よい味付けで、肉の味やジューシーな食感をしっかりじっくり味わえる。それでいて皮はパリッと香ばしい。うまく言葉に表せないですが、屋台で食べるポルケッタとは一線を画す、計算されつくしたポルケッタという感じ・・・いやあ、アルドさんの60年以上の英知がここに詰まっているんですね。ここまで来た&満席でも食い下がってお願いした甲斐がありました!

そして翌朝、村観光に行こうとB&Bを出て、まずはカッセロに行こうと肉屋の前を通ると・・・

店頭で仕事中のアルドさんにバチっと目があいました。ニッコリと笑って手招きをされたので、もちろん挨拶をしに中へ。「昨日のポルケッタ、美味しかった?」と本当にうれしそうに聞いてくれたので、私もやや興奮気味に感想を伝えると、とっても喜んでくれ、「写真撮らせてもらっていいですか?」のお願いも快諾!それがTOPの写真です~ポルケッタは肉屋でなくレストランで焼いているので手元にはなかったため、キアーナ牛の塊を手に。イタリア中に名の知れた肉のマエストロなのに、この気さくさと本当に自分の職業を愛している姿勢がとても魅力的なアルドさんでした。

もう少しお話をしたかったけど、お客さんが入って来たのでちょっと離れてアルドさんの仕事ぶりをしばし見学。時間があまりない中で村観光が待っていたのですぐにお店を出ましたが、加工品を何か買って帰ればよかったーー!と後悔しました。これはまた、行かないといけないのかも(笑)。

基本情報

Le Delizie di Aldo
Piazza Francesco Gamurrini, 27, Monte San Savino (AR)
Tel : +39-0575849383

火~日、9:00-15:00&19:00-23:00

愛すべき、美しい30の村
飾らない、ありのままのイタリアへ!

人口や景観など、「イタリアの最も美しい村」協会が設けた厳しい基準を満たした村だけが加盟を認められる「イタリアの最も美しい村」。その中から、イタリア在住20年以上、トスカーナ州の田舎町に暮らす著者が、“忘れられない”30の村をセレクト。古きよきものが息づく小さな村の魅力を、旅先での出会いやエピソードをちりばめながら綴る。

本の詳細はこちら

 

 AMAZON や 楽天ブックス 、各書店でも販売中!

 

関連記事

  1. イタリアで最古&最大!アレッツォのアンティーク市

  2. フィレンツェ北部の「ハムの館」、La Casa del Prosciutto

  3. プーリア州ロコロトンド「U Curdunn」で待望のロコロトンド風トリッパを食す

  4. ヴァティカン近く「Pinsa ‘m po’!」、新しいピッツァの形・ピンサ・ロマーナ専門店

  5. 11月からどっぷり、町が丸ごとクリスマス!トスカーナの「クリスマス・ビレッジ」

  6. フィレンツェ・カンポマルテ駅&スタジアム近く、地元人気店「Caffe’ Dogari」

  1. 【バレーボール・オンラインイベント】2024年6月14日(金)ペルージ…

    2024.06.02

  2. 駅至近で便利、アレッツォのモダンなB&B

    2024.05.19

  3. アレッツォの昔ながらのオステリア「Antica Osteria l’Agania…

    2024.05.16

  4. アレッツォのバール「Borgo San Pietro」で地元民と一緒に惣菜ランチ

    2024.05.12

  5. バス(市バス&長距離バス)を乗りこなそう!

    2024.05.09

  1. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  2. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  3. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image