アブルッツォで悲願のアブ会と、嬉しい美味しい楽しい再会

11月の初旬、アブルッツォ州に行ってきました。書籍「イタリアの美しい村を歩く」の取材に行ってから、ちょうど1年。きっかけは、私個人のアブルッツォバカンスを計画中にブログがヒットし、そこからずっと仲良くさせてもらってる友人が彼女の第二の故郷であるアブルッツォに来ていたから。大阪ではほぼ毎年、トスカーナで2回会ったことはあるけれど、「いつかアブで再会を」が私たちの悲願だったのです。

そんなアブルッツォ通の彼女のサイトはこちら
Abruzzo Piu’

そして今回の書籍のために、アブルッツォ情報や知人を紹介してくれたのも彼女。ちょうど刷り上がったばかりの本が私の元にも届き、取材にお世話になった方へ、彼らを紹介してくれた友人と本を持って会いに行く!こんな機会は今しかない!と、ローマ出張もくっつけてのアブルッツォ2泊の半分仕事のような半分遊びのような夢のような時間を過ごしてきました。

ペスカーラ駅で彼女と落ち合い、バスでエンヤコラ~とたどり着いたのはナヴェッリ。まずはレストランでサフランと並ぶナヴェッリの名産品ひよこ豆やアブルッツォ郷土パスタのキタッラでランチ。そこへ小学校の遠足受け入れが終わった生産者組合会長のマッシミリアーノさんが迎えに来てくれ、本で取材したサフラン収穫はほぼ終わっていたけれど、まずは連れて行ってくれました。手に持った小さな籠には、今朝収穫したというサフランの花・・・会長、もうプロモーションが板につきすぎています(笑)。

せっかくなので、ホント一緒にパチリ。写真で見ても分かるように、こよなくサフランとこの地と愛する優しいイケメン!協会本部へ行ったと思ったら、ここに来てやらないわけにはいかないでしょ、とまたサフランのパーツ分けを3人でやってしまったのでした。

そして翌日は、昨年の取材で丸2日間、車を出して案内してくれた郷土文化研究家(元アブルッツォ州の観光部門勤務)のアントニオさんご夫婦と。昨年はお宅で夕食までふるまっていただき、その時に奥さんはまだお仕事をされていたのだけど、やっと定年退職となり、この日は大人4人の楽しい遠足です。


まずはアントニオさんが以前から友人を連れて行きたがっていたオーガニックチーズ農家へ。羊パラダイスのアブルッツォですから、もちろんペコリーノチーズがメイン。連れて行ってもらった牧舎は、これでもかというほどのメェメェ大合唱が(笑)生後1か月の子羊たちが放牧を終えた母羊の帰りを待ちわびていて、お乳を飲むために母親を探し回る姿がもう可愛くて・・・共通の番号が振ってありますが、当然それは羊たちには分からないけれど、もちろん彼らは自分たちで母子が分かるのです。

そんな羊たちを見た後になんなんですが💦 羊料理を満喫のランチ。

前菜はリコッタなどのフレッシュタイプからカビタイプまで様々なペコリーノチーズに、羊肉のサラミ各種。これがまた赤ワインに合う~! あ、写真奥の濃い~おじさんが、ここのオーナーのヌンツィオさんです。前菜の後は羊肉ソースの郷土パスタ・キタッラと、ニンニクの芽のニョッキ。とこれまたコテコテな美味しいパスタ、そして食後種とカッフェを頂き、お土産購入も忘れずに(各地に行くとお土産が増えて嬉しいやら困るやら・・・💦)

その後は、12年前のアブルッツォバカンスでも宿から離れていたために断念、本の取材でも候補に挙がっていたものの取材日程が足りずに断念していたもう1つの「イタリアの最も美しい村」へ・・・昨年の取材時といい、今回と言い、晴れ女のはずの私がアブルッツォではいつも雨かどんより曇りというアンラッキーが続いているのですが、この村に関してはそれもまた情緒があってまた素敵でした。村の紹介は、また別記事でしっかり書きますので、どうぞお楽しみに。

アブルッツォネタ、もう少し続きます。

  1. 【チヴィテッラ・デル・トロント】空に浮かぶ巨大な石の軍艦
  2. 【ナヴェッリ】サフランの香り漂う高原へ
    👇 書籍の中ではアブルッツォは上記の2つの村を紹介しています。

「イタリアの美しい村を歩く」
イタリアの最も美しい村協会推薦✨

愛すべき、美しい30の村
飾らない、ありのままのイタリアへ!

人口や景観など、「イタリアの最も美しい村」協会が設けた厳しい基準を満たした村だけが加盟を認められる「イタリアの最も美しい村」。その中から、イタリア在住20年以上、トスカーナ州の田舎町に暮らす著者が、“忘れられない”30の村をセレクト。古きよきものが息づく小さな村の魅力を、旅先での出会いやエピソードをちりばめながら綴る。

👇 キャンペーン特設サイトはこちら 👇
「イタリアの美しい村を歩く」新刊キャンペーン開始!

 AMAZON や 楽天ブックス でも予約受付中!

関連記事

  1. イタリアンポップスの重鎮・ズッケロ=日本語だとサトウさん?

  2. イタリアで春&新しい門出を感じる時

  3. イタリアの「送り迎え地獄」事情と、我が家の週末

  4. イタリアと日本の「温泉の違い」に注意!

  5. 【イタリアの高校】人生は大小の決断の繰り返し

  6. 【我が家の食卓】我が家の定番ミネストローネ

  1. 洗濯、面談、高校巡り

    2022.12.05

  2. 「イタリアの最も美しい村」協会のプリミ会長インタビュー

    2022.12.02

  3. オルチャ渓谷の絶景と小さな村を巡るサイクリングツアー(E-Bike)

    2022.11.30

  4. いろんなカルボナーラを食べるなら!ローマ・トラステヴェレ「Eggs」

    2022.11.26

  5. ローマのダヴィデさんと語る、日本人の旅スタイルを変えるには?

    2022.11.22

  1. フィレンツェ北部・ ロンダ「休暇の家」で、気軽に本物のトスカーナ…

    2022.06.09

  2. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  3. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  4. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  5. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

Copyrighted Image