「誕生日会歴12年」で、年々とぎすまされた勘!

イタリアでは、子供の誕生日会は必須!全員とまではいかないものの、生まれてから小学校の間は、大小あれど、大半の家庭は「誕生日会」を開催します。こんな場所でも誕生日会ができるんです! そういう私も、長男1才から、2人の子供合わせて12年、20回近くの誕生日パーティを開催していますが・・・もうね、何をどれくらい準備したら良いか?参加人数でほぼ完ぺきに把握できるようになりました。

今回の参加は大人子供合わせて40~50人。昔は適量が分からず、あまりまくって捨てたり毎日同じもの食べたりでしたが、今回残ったのは、予備のパンくらい。結局皆が食べるもの(特に子供が食べるもの)って結局手づかみで食べられるものだし凝った物よりもスタンダードなピッツァ、レバーパテのクロスティーニ、トマトのブルスケッタ、スキアッチャータのパニーノが一番出るんですね。

それに大人用に、毎年人気の夏野菜のクスクス、スペルト小麦と海老のジェノヴェーゼソースサラダ、キッシュを1つ。

一番余って厄介なのがケーキですが、参加人数の半分のオーダーでOK。食べない子もいるし、ケーキ屋さんは1人分大きく見積もるから。これも毎年様子を見ながら減らしていって出てきた計算です(笑)一昨年、長男が中学になってからはピッツェリアでするようになったので、パーティは年に1回。来年は次男も小学校最後の年なので、もしかしてラスト!?なんだか感慨深い(笑)。

 

関連記事

  1. Ferragosto(聖母被昇天の祝日)、おばあちゃんの伝統を引き継ぐ喜び

  2. イタリア「再開計画」と超~久しぶりの1人時間

  3. 学んだことを身につけるには、実践が一番!!

  4. ブログは人生に彩を与えてくれるツール

  5. 【フィレンツェの素敵な通り】ズドルッチョーロ・デ・ピッティ通り

  6. 2度目のオリーブの収穫

  1. 今年のオリーブは、オイルでもなく塩水漬けでもなく・・・?

    2022.11.28

  2. いろんなカルボナーラを食べるなら!ローマ・トラステヴェレ「Eggs」

    2022.11.26

  3. ローマのダヴィデさんと語る、日本人の旅スタイルを変えるには?

    2022.11.22

  4. モンテプルチャーノのクリスマスマーケット

    2022.11.18

  5. 次男の堅信式と美味しい魚づくしランチ

    2022.11.17

  1. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  2. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  3. フィレンツェ北部・ ロンダ「休暇の家」で、気軽に本物のトスカーナ…

    2022.06.09

  4. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  5. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

Copyrighted Image