フィレンツェのおしゃれな本屋・libreria brac でたっぷり野菜補給!

旅行中の楽しみは1つはやっぱり食事!でも、自分自身の旅行中も気を付ける&お客様からよく聞くのは、野菜不足になっちゃうこと。そんな時に嬉しいのがこの brac、アート系の本屋さんであり、ビーガン&ベジタリアン料理のお店でもあります。旧市街内とはいえど、観光客はなかなか通らない路地にひっそりとあるのですが、中に入るとそのおしゃれな空間にテンションUP!入ってすぐのスペースは小さいのですが、こんな中庭を抜けると、奥にもテーブル席があります。

料理はサラダ系、米・パスタ系、オーブン料理系に分かれていて、単品は8ユーロ前後。いろんな種類の野菜にチーズやオリエンタルな食材もあり、豊富なメニューに迷ってしまいますが、そんな方にはこの3カテゴリーから1品ずつ選んだ、ワンプレート・15ユーロがおススメです。ヘルシーとはいえ、選んだ内容によっては、こんなボリュームなことも。

これは友人の頼んだプレートですが、絶品はこのキャベツのサラダ。千切りのキャベツに梨やザクロが入っています。パスタはキタッラだったのですが、見た目も?なんだかちょっと中華っぽい(笑)けど、これも美味。一番奥は、ナスとパルミジャーノのオーブン焼きで、間にはカラサウというサルデニア島のクラッカーのようなパンも挟まっています。

一方、私のプレートはこちら。友人のから比べるととても量が少なく見えますが、これでも超お腹いっぱい!ここでも一番気に入ったのは、バルバ・ビエートラのサラダ、色も鮮やかで見た目も美しく、さっぱりしてるのでいくらでも食べられます。パスタはサツマイモとカプリーノ(ヤギのお乳のチーズ)、そしてオーブン焼きはブッラータチーズとカラサウのミルフィーユ。オリガノ・ケーパーが効いています。個人的には、カラサウが入ってることでお腹が膨らんでしまう&カラサウはパリパリで食べた方が美味しいかなーと思うので、次回はカラサウの入ってないオーブン料理か、2種類のプレートにしてもらおうかな。

アート関係の本屋さんだけあって、小物も何もかもがオシャレでうっとり・・・書籍は入口の小さいスペースでお客さんでいっぱいだったので写真はありませんが、ここも素敵な空間でした。ただ落ち着いて食べるなら、奥のスペースがおススメです。ビーガン、ベジタリアンの方はもちろん、野菜をがっつり食べたい方はぜひ行ってみてくださいね。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

libreria brac
Via dei Vagellai 18r, 50122 Firenze
+39-055-0944877

関連記事

  1. フィレンツェ「Volume」、元工房をそのまま残した居心地の良いバール、

  2. アンギアーリの新門前のレストラン、Da Alighiero

  3. ハーフサイズが選べる!フィレンツェのオステリア ~ Osteria Santo Spirito

  4. キアンティ・クラッシコ、珠玉の村の家族経営の小さなワイナリー

  5. ラルドづくしがたまらない!コロンナータのオステリア・Osteria nella Pia’

  6. 受け継がれた伝統が、終わりを迎える時~おらが村の「石臼搾油所」の終焉

  1. 捨て子養育院の最上階「Caffè del Verone」、フィレンツェの絶景を…

    2020.02.19

  2. コロナウィルスと人種差別~フィレンツェとおらが村の場合

    2020.02.18

  3. フィレンツェの丘の上「フィエーゾレ」へ、市バスに揺られて行って…

    2020.02.17

  4. アカデミア美術館至近「Ara’ : e’ Sicilia」、フィレン…

    2020.02.16

  5. レバー好きにはたまらない、こってりがっつり「フェガテッリ」

    2020.02.15

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image