「パンツァネッラ」、意外な組み合わせが絶妙なパンのサラダ

トスカーナ郷土料理でよく使われる食材の1つに、“固くなった” パン、があります。トスカーナ郷土料理の多くが“ピアットポーヴェロ=貧しい皿”と呼ばれる農民の普段の料理で、余った野菜や日がたって固くなったパンを利用しています。冬の代表格がリボッリータ、夏の代表格がパッパ・アル・ポモドーロと、このパンツァネッラ。一見普通のサラダですが、よ~くご覧あれ・・・茶色のもにょもにょがパンで、固くなったものを水に浸して絞ってサラダに入れるんです!実はこれ、留学中のホームステイ先で初めて出された時は、“うっわ~気持ち悪ぅ~!”と思ったんですが、食べてみたらナント不思議!意外とさっぱりしてて、かなり美味しいんです~。今では我が家の定番メニュー。

具は日本でもある、シンプルな野菜ばかり。前に “トスカーナ人が怒る食卓の10のこと” だったかで、パンツァネッラに決して入れてはならないもの:ツナ、ハム、茹で卵・・・などとサイト上で論争が繰り広げられていたのですが、要は、ピアットポーヴェロなので、余計なぜいたくなものを入れたらパンツァネッラと呼ぶべからず!なのでしょうね。

とはいえ若干具が変わったり、パンの絞り具合でパンのしっとり感が違ったり、パンの量>野菜の量だったり、家庭によってさまざまです。レストランでは、きゅうりを敷き詰めた上におしゃれに盛りつけられて登場することも。この材料とレシピは我が家版です!

材料
固くなったトスカーナパン(無塩)200g くらい ◎プチトマト10個程度 ◎きゅうり1本 ◎セロリの芯1本 ◎赤玉ネギ半分 ◎レタス・バジリコ適量 ◎塩、こしょう、EXオリーブオイル、ワインビネガー
作り方
1.パンを手で割って、ちょっと柔らかくなるまで水に浸し、ぎゅうっと絞る

2.トマト、きゅうり、セロリ、赤玉ネギを薄く小さめに切る

3.レタス、バジリコは手で適当にちぎる
4.1~3を大きめのボウルに入れて、調味料で味をととのえる
5.冷蔵庫に冷やして、できあがり!

関連記事

  1. フィレンツェ県北部の名物パスタ「ムジェッロ風トルテッリ」

  2. 産地だからこそ生で!極上の「キアーナ牛のタルタル」

  3. カーニヴァルの定番の揚げ菓子「チェンチ」は、食べ出すと止まらない!

  4. カーニヴァルのお菓子、お米のフリッテッレ

  5. 秋の定番!栗粉の素朴な伝統菓子、カスタニャッチョ

  6. トスカーナの前菜になくてはならない一品!レバーパテのクロスティーニ

  1. 「La Campana」、世界最古!1518年創業のローマ料理レストラン

    2020.07.12

  2. ヴァチカン至近「Old Bridge」、地元民にも人気のジェラテリア

    2020.07.11

  3. おらが村「休暇の家」のカテリーナ&カルロ、元気にしています

    2020.07.10

  4. 長男よ、外に出るのだ!自立するのだ!

    2020.07.09

  5. 生トリュフが手に入ったので・・・手打ちタリオリーニの極上ランチ

    2020.07.08

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image