メインにも、付け合せにも!白いんげん豆のウッチェッレット

毎度毎度書いていますが、「豆食いのトスカーナ人」、すでに

の記事を書いていますが、この fagioli all’uccelletto を紹介していませんでした!簡単に言うと、セージをたくさん使った白いんげん豆のトマト煮ですが、この uccelletto という名前は、この料理に使われるセージが、野生の小鳥(uccelletto)の臭みを取るためにもたくさん使っていたからとされています。豆は畑のお肉なので、そのままでもメインになりえますし、うちではメインで食べる場合、サルシッチャ(腸詰ソーセージ)を人数分入れてボリュームを出しています。寒い冬にハフハフ言いながら、トーストしたパンですくいながら食べるのが美味しいのです!

材料

◎乾燥白いんげん豆・300g◎にんにく・4~5かけ  ◎セージの葉・10~15枚 ◎トマトピューレ・300ml◎サルシッチャ(腸詰ソーセージ)・人数分  ◎オリーブオイル、塩・適量

作り方

1)前の日の晩から一晩(最低12時間)、白いんげん豆を水に浸しておく

2)たっぷりの水で、1)の白いんげん豆を煮る。だいたい45分。

3)たっぷりのオリーブオイルでにんにくをそのまま炒める。少し色づいてきたらセージの葉を入れ、少し炒める

4)2)にサルシッチャを入れ、表面を焼き、トマトピューレを加える

5)1)で茹で上がった豆を4)に入れて、更に30分ほど弱火で煮る。水分がなくなってきたら、豆のゆで汁を加える。

6)サルシッチャの塩分があるので、味調整は最後に・・・足りなければ塩を、お好みでコショウを入れて、できあがり!

がっつりこってり!残ったソースは、スカルペッタできれいにお掃除して下さいね♪

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 豆食いトスカーナならではのミネストローネ、ミネストラッチャ

  2. キアーナ渓谷「Aglione アリオーネ」、臭わない&胃もたれしない巨大にんにく

  3. 心も体もほっこりと~黒キャベツのファリナータ

  4. フィレンツェ県北部の名物パスタ「ムジェッロ風トルテッリ」

  5. フィレンツェドゥオモのクーポラを支えた「インプルネータのペポーゾ」

  6. フィレンツェ近郊ロンダで「スロートレッキング&地元食材の料理」の週末プログラム(11/24)

Copyrighted Image