食いしん坊にはたまらない!サンミニアートの「白トリュフ祭り」、

秋と言えば、やはり食(笑)。イタリアじゅう、そしてトスカーナも食に関するイベントやお祭りで大賑わいするのが秋です。その中でも、特に高価でかつ世界中の人が注目するのが「トリュフ」!トリュフ自体は、種類の差はあれど年中採れるものなのですが、なぜトリュフのイメージは秋?そしてなぜトリュフ祭りが11月に行われるのでしょうか?それは、「トリュフの王様」と呼ばれる白トリュフ・プレジャートが採れるから!しかもこのプレジャートって、イタリアとクロアチア・スロベニアだけしか採れないんですって!

さて、サンミニアートのお祭りに話を戻すと・・・例年11月の2・3・4週目の週末に行われ、毎年すごい賑わいを見せています。もちろんトリュフがメインなのですが、チーズ、サラミ、お菓子など、トリュフ以外の特産物もてんこ盛り!まさにイタリア料理好きや美味しいもん好きにはたまらないイベントなのです。バスで到着すると分かるように、旧市街が全て会場!まずはあちらこちらで配布されている地図をGETして、お目当てのエリアに足を運びましょう。とにかくトリュフ!!という方は、まずは旧市街の一番高い所にある、ドゥオモ広場へ!

このテントの中には、トリュフ業者が所狭しとブースを並べ、まさにトリュフ一色!こんな数の生のトリュフはなかなか見る古都さえできません!ちなみにTOP写真は2017年のこのお祭りで一番大きな白トリュフ、373g!この上の写真程度のトリュフで70ユーロ程度だったので、その10倍くらい?考えただけでも目が周りそう!

日本へは生は持って帰れませんが、さまざまな加工品もずらりと勢ぞろい。トリュフ入りオイル、トリュフ入りバター、トリュフソース、ペースト・・・そしてほとんどが試食させてくれるので、ガンガン試食してお気に入りをお土産に持って帰りましょう!

気を付けて頂きたいのは、お祭り当日に旧市街そして周辺のレストランに入るのはほぼ不可能。予約を入れるか、いちかばちかで開店(大方が12時か12時半)同時にすぐに入って聞いてみることです。私たちは試食でお腹いっぱいになったものの、生トリュフを味わうためにウロウロしましたが、屋台ではなかなか生トリュフは扱っておらず、半分あきらめかけたのですが・・・

ドゥオモ広場にあるバールが、生を出してくれるとのこと!出てきた瞬間からいい香りがもわ~!味は正直よく分からないですが、香りはやっぱり生トリュフならでは。

2017年はトリュフブースのテントの横に、イベントスペースとワインブーステントがありました。ソムリエさんも来ていて、ワイン好きの方はめちゃめちゃ盛り上がってましたよ。

トリュフ以外でも、トスカーナの、イタリア全土の特産市がズラ――――――っと並んでいて、とにかくテンションあがります!そして市のほうもすごい人が押し寄せる「売れるイベント」だけに、サービス精神がすごく大盤振る舞い?の試食させてくれます(嬉)。もちろん、気に入ったものはガッツリ購入しましょう~サンミニアートに来て、ウンブリアやシチリアの名産品なんかも買えちゃう、ある意味超お得?なお祭りです!トリュフが好きな方も、トリュフ自体は別に・・・という方も、「イタリアの食祭り」を目いっぱい楽しめますよ。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

サンミニアート観光サイト・イベントページ

【行き方】
フィレンツェからは直通電車で約40分、そこからCTT社のバス320番で約15分。トリュフ期間中、土日は特別運行があります。バスは駅前から発車しますが、日曜日の※印は駅から下りたマルコーニ広場から発車になります。チケットは車内で購入できます(片道2.50ユーロ)。電車の乗り方については こちらを、バスの乗り方については こちら をご覧ください。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. ピサ近郊・ポンテデーラ「PIAGGIO博物館」で、ヴェスパとアぺに恋をする💛

  2. ファンタジーとコスプレに浸る!ヴィンチの「ユニコーン祭り」

  3. おらが村で初めて開催!オリーブオイルコンテスト&テイスティング

  4. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」の週末プログラム(3/1)

  5. いつでもトリュフ料理が食べられる!サンミニアート近郊、Taverna dell’Ozio

  6. モンテリッジョーニの中世祭り、城壁に囲まれた村が中世にタイムスリップ!

  1. 「ヴァティカン庭園ツアー」で、寺院と博物館でないヴァティカンに…

    2020.07.16

  2. 誕生日の夕べ~夜のフィレンツェは涙が出るくらい美しかった

    2020.07.15

  3. 【我が家の食卓】タコ丸ごと1匹、どう料理する?

    2020.07.14

  4. ドライフラワーで、お気に入りのブックエンドを

    2020.07.13

  5. 「La Campana」、世界最古!1518年創業のローマ料理レストラン

    2020.07.12

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image