美しきドゥオモと城壁の村、マレンマ北部「マッサ・マリッティマ」

グロッセート県北部の小さな村、マッサ・マリッティマ。「マレンマの真珠」とも呼ばれるように、同じマレンマ地方の小さな村と比べると、どこか気品がある村です。訪れる前のこの村のイメージは、このドゥオモのみ。それくらいガイドやSNSなどで写真をよく目にする、ドゥオモはマッサ・マリッティマのシンボル的存在なのです。ドゥオモの正式名称はサン・チェルボーネ大聖堂。11世紀~13世紀にかけて建立されたのでピサ・ロマネスク様式とシエナ・ゴシック様式が混じっています。残念ながら内部は撮影不可だったので写真はありませんが、立派な大理石の聖人チェルボーネの石棺や洗礼盤、ドゥッチョ・ブオニンセーニャの聖母子像など、様々な芸術作品も見ごたえあり。昼休みは閉まるので、見学時間に注意! ⇒ 毎日8:00-12:00&15:00-17:00、6月1日~9月31日は19:00まで、土曜夕方・日曜朝のミサの時間はミサ参加者のみ)ドゥオモのあるガリバルディ広場には、他に市庁舎や考古学博物館などがあります。

ガリバルディ広場から北方向に走るのが、目抜き通りのリベルタ通り。その左右にはアーチや階段、味のある路地がたくさん出ているので、そちらもお見逃しなく。写真は、リベルタ通り入ってほぼすぐ右にあるチャンベッラ―ノ小通り、今回は機会がなかったですが、友人おススメのレストラン・La Tana dei Brilli もここにあります~次は絶対、ここで食事してみたいです。

小さな村あるある、が、こんな小さな村なのに!と思わず思ってしまうような、オシャレな服屋さんや雑貨屋さんがあること。これはリベルタ通りのある雑貨屋さんですが、この通りや、もう1つの目抜き通り=ガリバルディ広場から北東に伸びる坂道・モンチーニ通りにも、覗くだけでも楽しいお店やバールがたくさんあります。

リベルタ通りから道なりに上っていくと、旧市街の北の端に出ます。古の小さな村にはかならずある、村の門を抜け、写真を撮って折り返し旧市街へ向かおうとすると・・・ちょうどこの建物に住むおじさんが、坂を上って上も見るべきだ、と教えてくれました。こういういい意味でおせっかいなおじさんに出会うのも、小さな村を訪問する醍醐味(笑)。そしてそのおじさんの助言は、ごもっともだったことがすぐに分かりました。

マッサ・マリッティマの旧市街北側には、今でも中世の城壁がしっかりと残っているのです。しかもこんなに高く立派な城壁が・・・元々マッサ・マリッティマの城壁が建設されたの11世紀からですが、現在残っているのは一度シエナに一部を損壊され、再建設された13世紀以降の城壁です。その後、マッサ・マリッティマはシエナの統治下に置かれたため、今も門の上には白黒のシエナ共和国の紋章が掲げられています。とはいえ、他のトスカーナの町と同様に16世紀にはトスカーナ公国に併合されるので、旧市街の中にメディチ家の紋章を見ることもできます。そういった当地の歴史が見られるのも、面白いですね。

城壁の中に入ると、また趣のあるエリアに・・・ここは1300年代、マッサ・マリッティマの町が拡張された時にできたCitta’ Nuova(新市街)。新市街、と言っても元々の町から比べて、なので、今の私たちからすれば立派な「旧市街」です(笑)。そして右側には時計台が~その名も、ろうそくの塔。というのは、ちょうど自由自治を獲得したばかりの1228年に建設され、塔のてっぺんには絶えず火が灯されていたために、こう呼ばれているそうです。城壁&塔に上れる見学時間に注意! ⇒ 土・火・祝のみ10:00-13:00&15:00-17:00。もし開いている日に来られるのであれば、絶対上って頂きたい・・・というのも、こんな素晴らしいパノラマが見られるから!

ろうそくの上からは旧市街に行く門がある別の塔、そして城壁、更に旧市街の街並みと美しいマレンマの大自然!城壁の上も歩けますので、ここからは更に街並みが近く見られます。

↓ 動画も撮ってみました!

このエリアに来るのは上り坂が結構きつかったので、ハイヤーで来る方はろうそくの塔ある広場で降ろしてもらい、時間があればこのエリアの街並みを散策して塔を上り、下りながら観光をしてドゥオモ見学、ドゥオモ裏の広場で拾ってもらう、というのが時間的にも体力的にもベスト!かと思います。

塔から降りて門を抜け、坂を下ると、そこはもう1つの目抜き通りのモンチーニ通り。ここにも絵の工房や雑貨屋さんなどたくさんお店があるので、覗きながらの散策が楽しいです。この通りを下りきると、そこは再びガリバルディ広場。再度ドゥオモを違う角度から眺めてみましょう。そして見逃してほしくないのが、ドゥオモを正面にして左奥にある駐車場の一角にある、こちら。

1265年に建設された、「豊かさの泉」。当時ここを統治していたピサの執政官によって建設されたもので、当時の町の水の供給源だったところです。前面の壁に描かれた「豊穣の木」も当時のオリジナルが残っています。

こんな風に、小さな中にも見所たっぷりのマッサ・マリッティマ。旧市街エリアだけなら1時間で、城壁など上のエリアも含めゆっくりなら半日で周れます。ハイヤーでなく公共機関で来られる方は、次の目的地に行く前に、ここでゆったり宿泊されるのも良いですね~おススメはこちらの邸宅アパートです!

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

【観光協会】
Turismo Massa Marittima

【行き方】
最寄の鉄道駅はフォッロ―二カ:フィレンツェから直通またはピサ経由で約2時間半、フォッロ―二カ駅からはTiemme社のバス・37F番のバスで直通約40分(フォッロ―二カ駅→マッサ・マリッティママッサ・マリッティマ→フォッロ―二カ駅)。あるいはグロッセート駅:ローマから直通電車で約1時間40分、グロッセート駅からTiemme社のバス・43F番のバスで直通約1時間半(グロッセート駅→マッサ・マリッティママッサ・マリッティマ→グロッセート駅)、1日1本ですがシエナからTiemme社のバス・59F番のバスで直通約1時間40分(シエナ→マッサ・マリッティママッサ・マリッティマ→シエナ)でも行けます。電車の乗り方などについてはこちらを、バスについてはこちらを参照ください。

滞在日数が長い方、バスなどに乗り慣れている方は上記の方法でも行けますが、やはり楽で効率がよいのがハイヤーです。フィレンツェからだと、ヴォルテッラサンガルガーノ修道院スヴェレートカンピリア・マリッティマポプローニアなどと組み合わせて1日ツアーが組めます。また、ボルゲリのワイナリーや、同エリアのこのワイナリーと組み合わせることも出来ますよ。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 【チンクエテッレ】砂浜のビーチがある歩きやすい村・モンテロッソ

  2. 【テーマのある旅】ロマネスク様式の教会を巡る、トスカーナの旅

  3. ピエンツァ北部、ひっそり佇む小さな村・モンティ―ジ

  4. 次男と2人、夜のピティリアーノデート

  5. マレンマ地方・カパルビオ、フォトジェニックな広場に胸がときめく「イタリアの美しい村」

  6. 「アンギアーリ」、レオナルド幻の大作の舞台となった「イタリアの美しい村」

  1. 【我が家の食卓】タコ丸ごと1匹、どう料理する?

    2020.07.14

  2. ドライフラワーで、お気に入りのブックエンドを

    2020.07.13

  3. 「La Campana」、世界最古!1518年創業のローマ料理レストラン

    2020.07.12

  4. ヴァチカン至近「Old Bridge」、地元民にも人気のジェラテリア

    2020.07.11

  5. おらが村「休暇の家」のカテリーナ&カルロ、元気にしています

    2020.07.10

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image