プロフィール写真撮影は、自分への癒し♥非日常の時間!

4月の半ば、プロフィール写真を撮影してもらいました。前回のプロフィール写真はウェブマガジンへの連載が始まる時で、プロフィール写真がない!と慌てて撮影してもらったのですが、早いもので3年半が経過・・・髪型も変わっているし、何より3歳半年を取ったし。そしてこの帰省にはセルフマガジンの改訂版を出すので、そのためにも・・・。撮影はもちろん、前回もお願いした友人の桃子さん。気が知れてる仲なので、恥ずかしい気持ちもなく・・・ていうわけではなく、やっぱり恥ずかしいことは恥ずかしいのですが、しゃべりながら、「かっわいい~♥」とノセてもらいながら、笑ながらの撮影でした。

今回は背景は自然がよかったので、サンミニアート教会の裏側と、ミケランジェロ広場から下りたレストランの庭で。たぶん、食事だけでなら行かないところですが、お庭があるから撮影もできる!と下調べして行ったところです。そして、いつも行くようなカジュアルなお店でなく、スタッフもとってもフォーマルで、お料理も盛り付けが上品(量が少ないとも言う・笑)で・・・なんだか非日常の1日で、とっても癒されました。

これからプロフィール写真の撮り直しは数年は必要ないと思うけれど、こんな心地よいなら、特に必要がなくても撮りたいな?とも思ったり!・・・とか言いながら、お時間が来たら、2人とも子供のお迎えへダッシュ!私はアホアホトレーニイタリア鉄道の故障に巻き込まれて一気に現実に戻ってしまいましたけどね💦

結局どれになったのか?は、こちらをどうぞ!
そうそう、選ぶのにFBで友人にアンケートをとったのですが、そこでも「素敵~!」「カワイイ♥」「美人さん!」など、普段なかなか言ってもらえない大賛辞をいっぱいもらい、有頂天にもなれます(笑)。これもカメラマンの腕のおかげだわ。

関連記事

  1. 中学の卒業資格試験、終了!!

  2. 痛んだ&まずいリンゴを美味しく消費する方法

  3. 美術館に入らずとも美術鑑賞ができてしまう、それがフィレンツェ。

  4. カラブリア ⇔ おらが村、意味不明の3か月往復の旅

  5. イタリアの結婚式の2つのパターン

  6. 日・伊・英、ちょっとだけ仏語?インターナショナルなおらが村の夜

Copyrighted Image