フィレンツェ・カンポマルテ駅&スタジアム近く、地元人気店「Caffe’ Dogari」

フィレンツェの旧市街ならサンタ・マリア・ノヴェッラ駅ですが、2番目に大きい駅が「フィレンツェ・カンポマルテ駅」。ここに停まる高速列車フレッチャもあるし、フィレンツェからローマ、アレッツォやペルージャ、そしておらが村へお越しの際にも通る駅です。さらに、セリエAファンの方がフィレンツェで観戦する場合は、ここが最寄り駅となるので、観光客の方でも使うことは少なからずあると思います。前置きが長くなりましたが、この駅の至近にある「Caffe’ Dogari」。

創業は1914年、親子三代で受け継がれてきた老舗であり、今も地元フィレンツェ人に愛され続けてるお店です。朝から深夜までノンストップ営業、ランチやディナーだけでなく、朝ごはんやカフェとしても使えます。今回私が行ったのは、その前のサッカークラブでの長男の試合前の14時すぎ。すでに軽くお昼を済ませていたのですが、まだ小腹が減っていたので、喜び勇んでお店に入りました。それは・・・

入ってすぐ前のカウンターでオーダーする、「スキアッチャータ」!スキアッチャータは日本ではきっと「フォカッチャ」と言われている薄い塩の効いたパン。生地を押して=Schiacciata して作るからこんな名前がついています。サイトにはクラシック、スペシャル、ベジタリアンと3カテゴリーに分かれたメニューがありますが、

カウンター下に並んでいる具から、好きなものを選んで挟んでもらえます。ハムなどは厳選素材、野菜はなんと自家製とか!今回は長男と半分こだったので、長男の好きな生ハムと、私が選んだトリュフソース、あとは・・・う~ん、何が合うかな?とお兄ちゃんに聞いてみたら、「モッツァレッラ!」と言われたので、おススメ通りにその3種の具をお願いしました。

あらゆるところでスキアッチャータのパニーノを食べていますが、ここのスキアチャータは良い意味で軽い!具材の組み合わせも大正解で、あまりに美味しくてあっという間に食べてしまいました・・・半分じゃなくて1個づつでも良かったかな(苦笑)。スキアッチャータやカフェ使用の人は、入ってすぐのホールの大テーブルか、カウンターで食べますが

レストラン使用の人は、右奥にあるレストランホールか外のテラス席(秋冬は壁&屋根付き)へどうぞ。メニューを見ると、前菜はコッコリ(ボール状の揚げパン、生ハムなど具が選べます)、プリモはニューディやカレッティエーラ、メインはビステッカやフィレンツェ風トリッパなど、伝統的コテコテフィレンツェ料理が並びます~こういう観光客が来ない昔ながらのお店ってマジ美味しいので、これは今度食事にきてみないと!ちなみに、夜よりも昼の方が充実しています。

私が行った時間帯だと、多くの人は私と同じくスキアッチャータを食べる人か、おしゃべりしながらカッフェをくいっと飲んでいく地元民ばかり。ほんと、旧市街では味わえない、昔ながらの古き良きフィレンツェのバールって感じがとっても良い!!

観光でフィレンツェに来る方は難しいかもしれませんが、滞在が長い方、留学中の方、カンポマルテ駅で乗り換えや途中下車ができる方、フィオレンティーナの試合観戦に来る方など、近くにお越しの際はぜひ寄ってみて下さいね。私は息子たちのサッカーの試合でちょいちょい来そうな感じです(笑)。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Cafe’ Dogari
Viale Malta 5R, Firenze
Tel: -39-055-679556

毎日営業、月~土・8:00-0:00&日・11:00-16:00(フィオレンティーナの試合がある場合のみ)

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. フィレンツェのジェラテリア「ディ・ネーリ」は、フレーバーの豊富さ&良心価格が魅力!

  2. フィレンツェ近郊「1800年代のお城」に独占滞在!

  3. ミケランジェロのダヴィデ好きには悶絶モノ?細部写真を撮影してきました

  4. 今年も始まりました!おらが村のオリーブオイルの搾油所見学&新オイルテイスティング

  5. 2020年はしみじみと、おらが村のクリスマスイルミネーション

  6. 【2020年夏は川遊び】おらが村子供たちの昔の遊び場!モーシャ川の「金のたらい」

Copyrighted Image