フィレンツェ北部の「水車小屋で粉ひき」~古き良き伝統を途絶えさえない人たち

フィレンツェの北部・ムジェッロ地方にある小さな村、サンタ・アガタ。サーキットとナイフで有名な「イタリアの美しい村」でもある、スカルペリーアの分離集落です。この集落のはずれに、あるのが水車小屋、有志の方々で修理をし、近年に再び粉をひくことができるようになったのです。現在はアソシエーションとなり、会員の農家さんが生産する古代小麦を使い、定期的に会員用の粉をひいたりパンを作ったり、年に2回ほど資金集めの見学&アペリティフのイベントをしたり、マーケットに出店したりしています。さらに希望があれば、このアソシエーションの千穂さんが案内してくれるんですよ。

これが水車小屋。この小屋の前に住むオーナーさんが仕事として粉をひいていたのですが、定年後趣味で使いつつも、このままでは誰も使わなくなってしまう・・・と、千穂さんも所属するGAS(優良な生産者から直接商品を買う消費者グループ)へ相談したのが3年前。そこからオーナーさんから知識と設備を受け継ぎ、コツコツと修復したのです。私も友人としてよく千穂さんの投稿を見ていたので、今、こうやって活動が軌道に乗っているのがうれしい限り!そして、田舎暮らし仲間のSAWAKINAちゃんとともに、ここで忘年粉ひき!となり、初めて実際に水車小屋に行くことができたのです。

これが建物裏側にあるため池、右上の水路から、建物下につながっています。

中にある説明図が分かりやすい!図の右を見ると、水が流れていますね。水路を室内にあるレバーで開けると水が流れ、水車が回り、それが動力となって上の石臼を回しています。

よっこらしょ・・・とレバーを動かして、水路を開ける千穂さん。説明だけではとっても簡単そうですが、水の量や角度、それによる石臼の回転速度、石臼上下の隙間の母、そして小麦の上から落ちてくるスピード、どれもが試行錯誤してやっとここまできたそう。私が小麦粉を買っている農家さんは、この辺りでは有名な水車粉ひき屋さんにもっていってるんですが、この水車小屋の話をしたら「本当に修復したの?ちゃんとひけてるの?めちゃくちゃ大変で動かせるようになっても超難しいんだよ!」と信じてもらえなかったくらい。

いえいえ、ちゃんと動いてます、ひけてます!サラサラと落ちる小麦の粒に、石臼のゴーーーーっという音、粉っぽい空間・・・オリーブオイルの搾油もそうですが、こういう昔ながらの生産風景は、機能性とか利便性だけを追求する世界にはない、じわじわ来る感動があります。時間があれば、いつまでも見ていられるくらいに。

いえいえ、見ているだけでなく作業もしてみましょう。私は以前に千穂さんがくれた「クルスケッラ」=小麦のふすまの消化できない荒い部分を取り除いたもの、が買いたかったので、自らふるいました。まずはSAWAKINAちゃんが目の細かいふるいで粉を出し、残ったものを粗目のふるいで私がふるう。ふるいに残った消化できないものは、飼料へまわす~捨てるものは何もありません。マスクをしているのは、粉が飛びまくってのどが痛くなるから・・・危険物処理班みたい(笑)。

今回は雨が降っていて時間もなかったので、サンタアガタの村散歩はお預けでしたが、おらが村からバスを乗り継いで行けるので、またぜひ行ってみたいと思います。今年から千穂さんが始めたこのプログラム、おらが村の滞在と組み合わせて行かれたお客様も多数!下記にプランを作りましたので、フィレンツェ滞在の際に1~2泊、田舎の昔ながらの生活を体験しに来てくださいね。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

【サンタアガタの水車小屋見学と村散策】
お1人90ユーロ、一部は水車小屋アソシエーションへの寄付となります。粉ひきと、サンタアガタ散策案内込み。
サンタアガタの最寄り駅へは、フィレンツェから直通電車で約40分、最寄り駅と水車小屋の往復は、千穂さんが送迎してくれます。水車小屋では宿泊も可能、お1人の場合は70ユーロ、お2人の場合はお1人45ユーロ(電車賃は含みません)

こちらへのお申し込みは、直接、千穂さんにお問い合わせください。

【おらが村宿泊&マンマの料理教室+サンタアガタの水車小屋見学と村散策】
休暇の家マンマの料理教室の1泊2日、1日はおらが村で、もう1日はサンタアガタへ。お1人参加の場合は290ユーロ、お2人の場合はお1人245ユーロ(電車賃、2日目のランチ代は含みません)

スケジュール:【1日目】14時19分フィレンツェ発の電車かそれ以前の電車で休暇の家へ→ミニトレッキング→マンマの料理教室(夕食)→休暇の家まで車送迎 【2日目】午前自由時間(おらが村散策など)→午前遅めに最寄り駅まで車送迎、直通電車でランチ場所の最寄り駅へ→千穂さんと合流、ランチ→粉ひき&サンタアガタ散策→最寄り駅へ送迎→直通電車にて夕刻フィレンツェ着。1日目と2日目が逆でもOKですよ。

こちらへのお申し込みは、下記よりお問い合わせください。

お問合せ&お申し込みは、こちら

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. フィレンツェから電車1本で行ける中世祭り、Vicchio 1529

  2. 知ってた?フィレンツェの城壁の歴史

  3. フィレンツェから1時間強「ヴィンチ」、天才・レオナルドが生まれ育った小さな村

  4. 【ガイドにないフィレンツェの教会】サン・ミケーレ・アルカンジェロ・ヴィスドミーヴィスドミーニ教会

  5. 【レポート】フィレンツェからバスで行く、キアンティの生産者と美しい村めぐり

  6. おらが村の料理レッスン、初めてづくしのお客様たち

  1. TVドラマ「マメ―リ、イタリアを夢見た青年」

    2024.02.26

  2. ヴァザーリの右腕、ジョヴァンニ・ストラダーノ生誕500周年の展示会

    2024.02.18

  3. オブラーテ図書館、ドゥオモを拝みながらのゆっくりカフェ

    2024.02.15

  4. アレッツォ郊外、世界一のモザイク教会を夢見て

    2024.02.11

  5. カレンドラにラベンダー・・・アンナの手作りソープで嬉しいお風呂…

    2024.02.08

  1. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  2. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  3. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image