「聖ヨハネの花」で、肌再生オイルを作ってみる

6月24日の「聖ヨハネの日」前日に作った、「聖ヨハネの水」。

イタリアの素敵な慣習~自然のエネルギーを授かる「聖ヨハネの水」

それに欠かせない花は、西洋オトギリソウ、イタリア語名でiperico、別名「聖ヨハネのハーブ」。今回の水作りで、初めて覚えた花です。名前の由来は聖ヨハネの日・6月24日に満開になるからだそうで、つまり、聖ヨハネの水でも触れられていたように、夏至=太陽のエネルギーを最大に受けた花。この時期はいつもなら忙しかったり、日本に帰省して野の花に目を向けることもなかったのですが、うちの近所にもわさわさ咲いていました。

黄色の花びら5枚が寄り添って咲いていて、とっても愛らしいのですが・・・実はこの花、すごい効用があるのです。ありすぎて、薬草ならぬ毒草?いやいや、使い方には気をつけろってことらしいです。そんなことは、FBのイタリア系コミュニティで知り、その方が紹介していたオイルを、今回作ってみました!作り方自体は簡単、この花をたくさん摘んで瓶の中に入れ、花がかぶるくらいに植物性オイル(オリーブオイル、ひまわりオイルやアーモンドオイルと書いてあるサイトもありました)を入れ、蓋をします。

それを室内の日向に置き(外の直射日光だと暑すぎてNGなので場所は調整)、1日1回さかさまにして振るだけ。それを3週間~1か月行い、花が持つ成分をオイルに十分に引き出すのです・・・あれだけ鮮やかだった黄色が、最初の数日間で赤くなるのにはビックリ!これはニンジンなどに入っているカロチン。そして、もう1つの主要な成分はフラボノイド。つまり、この花の効用としては、抗鬱や抗ストレス、閉経期=更年期障害の精神状態に効くとして、主にドイツでは錠剤なども販売されているそう。そしてオイルに溶かした場合は、やけど、日焼けによるほてり、乾燥による肌のヒビ、傷口など、皮膚の再生にとても効くのだそう。いろいろ調べてると、なんと!肌の老化、つまりアンチエイジングにも効果大とか!!美容には全く興味ない私も、この自然の効用にかなり惹かれました(笑)。

そして3週間経ったので、オイルを濾し、別の瓶へ移し替えました。花は色がすっかり抜け、こんな感じに。

まずは、数年前からかさぶたから一向に治癒しない、虫刺され跡に塗ってみることに。若い頃ならかさぶた→下の皮膚が再生してかさぶたが自然に落ちる、はずが、かさぶたのまま、いつくも残ってて醜い・・・。年だからとあきらめていましたが、もしかしたら?まだ塗り始めたばかりなので結果は分かりませんが、すごく楽しみ!いまだに咲いているところも見るので、良い感じならまたオイルを作ってみたいと思います!

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. クリスマス前の悲劇、新年早々の吉報!

  2. 兵庫県川西市の隠れ家的な家庭料理のお店「和みDining 森のくまさん」

  3. 2018夏、オルチャ渓谷の車窓から

  4. 【レポート】イタリア(ピストイア、レッジョ、その他)で幼児教育の現場視察、コーディネイト・通訳

  5. 家ごもりクリスマス、家族戦争が勃発!

  6. 家族4人で行ってみた、アテネのおススメレストラン3店!

  1. イタリアでは、「カスタマイズ」が当たり前

    2021.07.23

  2. 【かもめの本棚】イタリアの美しい村の連載・第3回目が公開となりま…

    2021.07.22

  3. EURO2020で再認識「イタリアはやっぱりマンマの国である」

    2021.07.21

  4. マルケ州トッレ・ディ・パルメ、海岸線を見下ろす「イタリアの美し…

    2021.07.20

  5. 電気自転車でどこまでも行こう!コーネロ山・E-BIKEツアー

    2021.07.19

  1. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  2. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  3. フィレンツェ北部・ ロンダ「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

  4. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  5. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

Copyrighted Image