2020年夏・トスカーナの風景~その3・オルチャ渓谷の乾いた大地

日本もイタリアも、毎日暑いですね〜。おらが村、ばーちゃん村は山手のため、いつも身近に緑がありますが、平地・丘陵地帯は草刈りや土起こしの後なので、からっからの茶色の大地が広がっています。

車窓から見るオルチャ渓谷も、この通り。

青空とのコントラストもくっきり。

ゴロゴロ藁ロールとの定番コンビ。

トラクター跡の縞も美しく。

クレーテ・セネーゼやオルチャ渓谷一部で見られるカランキ。大地の侵食や、粘土質の岩で植物が生えない不毛の地質を指します。オルチャ渓谷はカランキだらけだったそうですが、1960年代〜の農地改革でばーちゃん世代が大変なくろうをして、今のような緑多き大地に生まれ変わりました。今残るカランキは、そんな昔の証人ですね。

重なる丘の向こうに、ニョキニョキ頭を出す糸杉がかわいくて、いつも写真を撮ってしまう私の定番撮影ポイント。

もう8月も後半、残暑はまだまだあると思いますが、乗り切りましょう💪🏻

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. フィレンツェのドゥオモ「クーポラと鐘楼」、どっちに上る!?

  2. フィレンツェの無料で見られる「最後の晩餐」~ペルジーノ作、フリーニョ編

  3. イタリアの中規模の町に行ったら、市役所にちょっと潜入してみよう

  4. マレンマ地方の廃墟となった修道院、哀愁の「サン・ブルーツィオ修道院」

  5. フィレンツェ「ブォナッローティの家」、若きミケランジェロの才能に酔いしれる

  6. ヴェネツィア・ムラーノ島のガラス博物館で、いちばん興奮したもの

Copyrighted Image