guzzini (グッツィ―ニ)、イタリアらしいスタイリッシュなキッチン雑貨

イタリアのオシャレなキッチン雑貨と言えば、私もみなさんも思い浮かべるのは、きっとアレッシィ?他にもいろいろあると思うのですが、イタリアに来てから知ったキッチン雑貨の1つに、このグッツィ―ニがあります。イタリアのデザイン全般で言えますが、すっきりとしたデザインに何とも言えない色使い。我が家にも数えてみると、5種類のグッツィ―ニ商品がありました。超高級品ではないとはいえ、自分で買ったことはなく全部スーパーのポイント交換品だったり、プレゼントだったり。

今回はCOOPのポイントで、Re-Generationというシリーズ。と交換できるキャンペーンがありました。イタリアでリサイクルされた、最低でも70%のプラスチックを使用したタッパーやボトル、ショッピングバッグなど。COOPでの買い物15ユーロごとに1枚シールがもらえ、シール枚数+ポイントで希望の商品と交換できます。私は息子たちの学校用のボトル2本、そしてフォーク付きでお弁当にもなるサラダボウル、小さいタッパーと交換。どれも落ち着いた色でおしゃれでしょう?もちろん、電子レンジや食洗機使用可能です。

他のいろんな会社と同じく、グッツィ―ニは創業者の名字から。1912年にエンリコ・グッツィ―ニにより創業した時は、なんと牛の角を使った雑貨を作っていたらしいのですが、1938年~その子孫たちがガラスのキッチン雑貨を開始し、1950年には当時では世界初2色使いのアクリル製品を誕生させます。1955年には家庭用雑貨としては初めてプラスチックを使用。グッツィ―ニ=プラスチックキッチン雑貨、2色使い」、の私のイメージは間違ってなかったのですね。

なぜか日本では「グッチーニ」と訳されてしまってますが(苦笑)、日本他、世界多くの国で愛させるグッツィ―ニ。フィレンツェではリナシェンテのキッチン雑貨売り場、主要家庭雑貨用品店のほとんどで扱いがあると思います。軽いのでお土産にも最適?キッチン雑貨が好きな方は自分用に、キッチン雑貨好きや料理関係にお勤めの方へのお土産にもぴったりですよ。

Fratelli Guzzini 公式サイト

【AMAZON KINDLEより、4冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん 春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. イタリアのお祭りには欠かせない、「ズバンディエラトーレ」

  2. イタリアの野菜は、クッタクタに茹でる

  3. 各社サービスセンターの、チャットサポートが便利すぎる!!

  4. イタリア・小さな村の底力!無料配布マスクは「メイド・イン・おらが村」

  5. イタリアの学校は今、成績表のシーズンです

  6. イタリア小1の算数に欠かせない、「REGOLI レーゴリ」

Copyrighted Image