2020年クリスマス前、オレンジゾーンのフィレンツェにて

12月17日、仕事の所用がありフィレンツェへ行きました。せっかくなのでくるりと周った様子を写真で紹介します。週末の夜はけっこうな人出、と聞きましたが、平日の昼間で雨が降りそうだったこともあり、春のロックダウン明け直後のような感じでした。

飲食店はテイクアウトが認められているものの、開けていないお店も多々。

旧市街内とはいえややはずれにあるお店もこの通り。薄暗い中に浮かぶカラフルなシューズはもの悲しい。

大きなプレゼピオ(キリスト誕生シーンのジオラマ)で有名な教会も、今年は脇に少しだけ。ソーシャルディスタンスを守って並ぶイス。

シニョーリア広場でさえ、がらーん・・・

ツリーを見たくて、ヴェッキオ宮殿に入りました。いつもなら撮影で順番待ちがあるくらいなのに、今日は貸し切り!

ミケロッツォの中庭も貸し切り!

老舗のバール・ジッリは開いていました。テイクアウトと、あとはチョコレートとかクリスマス用のお菓子需要かな。

ドゥオモ広場もがらーん。

ヒマそうなタクシーが泣ける。

一時クローズでなく、完全に閉店してしまったお店もたくさんあります。

メインストリートのカルツァイウォーリ通りはイルミネーションをやめていましたが、いろんな人の投稿で見たトルナブォーニ通りはひときわ華やかでした。昨年からだったかな?こんな通り抜け&写真スポットも。きっと夜は賑やかになるんでしょうが、私hが行った時は本当にさみしいフィレンツェでした。これもきっと記憶に残るのでしょうね。本当に、「ウソみたいだったねー」と言える日が早く来ますように・・・

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. 「年男・年女」って、いいの?悪いの?

  2. 「アンタ」になったら、盛大にお祝い!

  3. バルディー二庭園には行けなくても!おらが村で満開の藤を堪能

  4. フィレンツェに、活気が戻ってきた!

  5. 私が小麦粉にこだわる、その理由。

  6. 時間ができると、やたらめったらやってしまうこと

Copyrighted Image