キアンティの小さな小さな珠玉の集落、「モンテフィオラッレ」

グレーヴェ・イン・キアンティから1.2キロ、車で5分ほど丘を上がった所にひょっこり現れるのが、このモンテフィオラッレ。村というにも小さいほど、そう、今では100人も住んでいない集落になります。この集落ができたのは11世紀頃、1085年の文書から「城塞」の名前で幾度となく登場~今でも当時の城壁はそのままに残り、当時は塔であった部分が改築されて住居となって利用されています。

グレーヴェから上がってくると小さな駐車場があり、ここから先は許可のある車しか入れません~しかも、集落をぐるりと回る道は、一方通行!着いたすぐの道から集落に入っていくと、道の両脇にはご覧のように石造りの中世の建物がそのまんま。タイムスリップしたのか、映画の中に入ってしまったのか・・・たった車で5分上がって来ただけで、グレーヴェの町の様子とは随分違い、中世からそのまま取り残されてしまったような気さえするほどです。

この道を少し行ったところにある、このお屋敷・・・今は観光客用のレジデンスになっているようですが、この紋章、どこかで見覚えが・・・そう、これはヴェスプッチ家の家紋(ヴェスパ=蜂の文様!)です。フィレンツェ空港の名前にもなっている、航海士アメリゴ・ヴェスプッチ(新世界発見航海に参加していた1人で、彼の名前からアメリカと名付けられました)のお屋敷だったところ!

それ以外は本当に何もなくって(笑)、それでも建物だったり、飾られた花だったり、アーチや路地に萌えながらゆったりと散策。観光ハイシーズンでもほとんど観光客はおらず、たまに地元のおばちゃんやアぺ(自動三輪車)とすれ違う程度・・・なので、とっても落ち着くし、写真はもちろん、スケッチなんかも思い存分楽しめそう。

訪れた時は閉まっていることが多いのですが、集落にはバールが1軒、レストランも2軒ほどあります。

集落から外へ抜ける階段は、休憩できるように?椅子が置いてあってホッコリ・・・

そしてこちらが、ワイナリーから見た全景・・・10年近く前に初めてワイナリーを訪れた時、この姿に惚れ惚れし、小さな村にもっと行ってみたい!と強く思った思い出の場所、小さな村好きの原点ともいえるパノラマです。この集落だけに来るのも良いですが、やはりこの集落で生まれ育ったセーニ家が営むワイナリーにもぜひ訪れてみて下さい。この絶景を見ながらワインを飲む贅沢は、ここでしか味わえませんよ。

そしてこの村に宿泊してみたい!料理教室をしてみたい!という方はこちら。グレーヴェから無料送迎付きなので、車がなくてもこの村に来られるというのも嬉しいです。

キアンティの美しい村、元シェフの料理教室とアパート滞在

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

【行き方】
グレーヴェ・イン・キアンティはフィレンツェより直通バス365番で55分。

バス365番の時刻表や路線図はこちら
「Download line timetable and map」をクリックすると時刻表がダウンロードできます。

バスについてはこちら。

バス(市バス&長距離バス)を乗りこなそう!

そこからは通学用のバスしかなく、車か徒歩でしか行けません(健脚派の方はパノラマを見ながら上り30分、下りは15分ほどで行けます)。ジャンルーカの料理教室ご参加、またはアパートに宿泊の方は無料送迎付きです。

 

愛すべき、美しい30の村
飾らない、ありのままのイタリアへ!

人口や景観など、「イタリアの最も美しい村」協会が設けた厳しい基準を満たした村だけが加盟を認められる「イタリアの最も美しい村」。その中から、イタリア在住20年以上、トスカーナ州の田舎町に暮らす著者が、“忘れられない”30の村をセレクト。古きよきものが息づく小さな村の魅力を、旅先での出会いやエピソードをちりばめながら綴る。

本の詳細はこちら

 

 AMAZON や 楽天ブックス 、各書店でも販売中!

関連記事

  1. 2020年はしみじみと、おらが村のクリスマスイルミネーション

  2. 崩壊した要塞が絶景ポイント!カンピリア・マリッティマ

  3. フィレンツェ・モザイク「Scarpelli」、伝統工芸を今に伝える希少な工房

  4. 「イタリアの美しい村の小さなごちそう」、新連載スタート!

  5. 今年も始まりました!おらが村のオリーブオイルの搾油所見学&新オイルテイスティング

  6. 【ガイドにないフィレンツェの教会】サン・フェリーチェ・イン・ピアッツァ教会

  1. 【バレーボール・オンラインイベント】2024年6月14日(金)ペルージ…

    2024.06.02

  2. 駅至近で便利、アレッツォのモダンなB&B

    2024.05.19

  3. アレッツォの昔ながらのオステリア「Antica Osteria l’Agania…

    2024.05.16

  4. アレッツォのバール「Borgo San Pietro」で地元民と一緒に惣菜ランチ

    2024.05.12

  5. バス(市バス&長距離バス)を乗りこなそう!

    2024.05.09

  1. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  2. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  5. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image