どうして「おらが村プロモーション」をするようになったのか

それは、自然の流れから、です。

たまに「どうしてロンダに住むようになったんですか?」どうしてプロモーションをするようになったんですか?」と聞かれることがあります。フィレンツェからここに越してきたもの偶然で、結婚2年目で田舎で家を探していて、予算内&ダンナの通勤に支障ない所ということで見つけたのが、たまたまロンダだったから。そしてプロモーションも、最初からがっつり「村のために何かやろう!」とか「地元発展の一役を担おう!」とか「日本に宣伝っしよう!」とか、たいそうなことは一切なく(笑)。

たしか最初のきっかけは、移住して2年目、当時長男出産前にうちの両親が初めてロンダに来て、「ええ所に住んでるやん」と言ったこと。そしてフィレンツェから友人が遊びに来るたび「めちゃいい所だよね」と数回言われたこと。そんなことを当時の日記ブログに何回か書いてみると、「BSの小さな村の物語に出てきそう!」「行ってみたいです!」と何人かの方にコメントを頂き・・・。あ、そうなん?と思い立ったのです。きっかけと言っても、これだけで4,5年過ぎてたかも。じゃあ、まずは宿泊施設がいるよねー、と探したのが「休暇の家」。村の中心から一番近い、だけで訪問したのですが、超ラッキーなことにオーナーのカテリーナ&カルロもめっちゃいい人だし、ロケーションもサービスも。

でも何かプログラムがいるよねーと、まずは「オリーブオイルの搾油所見学」。そして仲良しのママ友&ロンダ観光協会会長でもあるイラーリアの「絵付け教室」。料理教室は絶対いるな、と思いつつ、ピンと来る方がいなかったので保留にしてたのですが、ダニエーラ家族との再会で、今や一番人気のプログラムに。一番新しいのは、私もお世話になっている農家での「農家視察プログラム」まで、年々プログラムを増やしていっています。

私の動きとは全く別にロンダも町おこし的な流れができ始めていて、2年ほど前からロンダ観光業にかかわる施設・人を集めた会合に市長じきじきにお呼びがかかったり、最近はそんな枠組みを超えて「スロートレッキングと地元生産者での食事」など、個々に気が合う人たちで新しいことをやろう!というのにも参加しています。

本格的に初めて4年ほど、最初は女性だけだったのがご家族、ご夫婦、新婚旅行、シェフなど幅広く、昨年は20組近くの方に来ていただけるようになりました。すでに「イタリアで一番好きな場所」とすでに2回来ているリピーターさんや、滞在中に日本文化のイベントをしてくださるリピーターさん、グループで貸し切りして下さる方もいて、本当に嬉しい限り。

最初からそうだったけど、コラボしてくれる人は私が好きな人で、信頼できて、喜んでコラボしてくれる人だけだから、何もかもスムーズだし、何が嬉しいかって、私も嬉しい楽しい仕事になる、受け入れてくれるおらが村のコラボ先の人も嬉しい楽しい仕事になる、お客さんも皆さん「観光地では絶対味わえない滞在でした!」と本当に満足して下さる=3方全てが幸せになる!から。確かにドゥオモもピサの斜塔も素晴らしいけれど、心に残るのはきっとこういう滞在だな、と確信しています。それは私自身の旅の思い出からも、お客様からのお手紙からも。

すでに隣町のワイナリーなどのコラボもありますが、今年は少し範囲を広げて、日本ではまだマイナーな「シエーヴェ渓谷&ムジェッロ」エリアでの楽しみ方をいろいろ提案してみたいと思います!フィレンツェからこんなに近いのに、来ていただかないともったいない!自然が美しい場所なので、来月あたりからいろいろ訪問して新しいプログラムを作っていく予定です。どうぞ、お楽しみに!

お問合せ&お申し込みは、こちら

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. コロナ禍で有り余る時間、どうやって過ごす?

  2. 【フィレンツェの素敵な通り】 Via Santo Spirito サント・スピリト通り

  3. バイリンガルに最適?皆から絶賛された「はじめてつかう漢字字典」

  4. イギリス紙「Times 日曜版」に物申す ~ 旅の美しい思い出は、忘れさせられるもんではない

  5. フィレンツェで「魚料理が食べたい!」時、どこに行く?

  6. 海外の固定/携帯電話に安くかける方法

  1. 「La Campana」、世界最古!1518年創業のローマ料理レストラン

    2020.07.12

  2. ヴァチカン至近「Old Bridge」、地元民にも人気のジェラテリア

    2020.07.11

  3. おらが村「休暇の家」のカテリーナ&カルロ、元気にしています

    2020.07.10

  4. 長男よ、外に出るのだ!自立するのだ!

    2020.07.09

  5. 生トリュフが手に入ったので・・・手打ちタリオリーニの極上ランチ

    2020.07.08

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image