ロマーニャ地方料理のピアディーナは、サボりメニューにピッタリ

イタリアのファストフードと言えば、パニーノ、切り売りピッツァ、パンツェロッティ、フィレンツェではランブレドット、などいろいろありますが・・・ロマーニャ(エミリア・ロマーニャ州の東側)のファストフード、いやソウルフードと言えば、このピアディーナ(またはピアーダ)です!日本で、ザッケローニ元日本サッカーナショナルチーム監督がインタビューで「イタリア料理で食べたいものは?」と聞かれて「ピアディーナ」と答えていたものです(ザッケローニ監督はロマーニャのチェゼーナ近郊出身)!もちろんロマーニャ地方に行けば、フィレンツェのランプレドット並みにあちらこちらに屋台が出ているほどポピュラーですが、最近はロマーニャ以外でもピアディーナのチェーン店もあるし、なんと、スーパーでもピアディーナのパンが売っていたりするのです。なので、私もサボりたい時にピアディーナ!でお世話になっています(笑)。

ピアディーナはなんと1371年から記録の残る食べ物。薄いパンは、小麦粉、水、ストルットと呼ばれるラード(またがオリーブオイル)の生地を、テッリアまたはテストと呼ばれる丸いテラコッタで焼いたものです。今はテラコッタでなく、金属製のクレープを焼くようなものが使われています。このパンに、あとはお好きな具をのせてたたみ、レンジで少し焼くだけです!うちの定番は2つ、ローストハムとチーズ(エメンタルなど)。

ストラッキーノチーズ、生ハム、ルーコラ。

パニーノよりもパンの部分が少なく、パンでおなか一杯になる感覚がないのがグー。今は家でしか食べてませんが、更に半分に切ってアルミホイルに包めば、お弁当にもいいですよね~あまりかさばらず、持ち運びも便利そう。

余りに楽で、そして安いのでついつい市販品を買ってしまいますが、作ってもかなり簡単そうなので、次回は生地も家で作ってみたいと思います!

【AMAZON KINDLEより、5冊の電子書籍を発行】

「フィレンツェから日帰りで行ける!トスカーナの小さな村10選」
「トスカーナのおうちごはん春夏編20レシピ」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(モノクロ版)」
「コロナ・ロックダウン緩和直後のイタリア・フィレンツェ記録写真集(カラー版)」
「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」

いずれも読み放題に入っています!

関連記事

  1. シエーヴェ渓谷「超地域限定」のサルシッチャ・バルディッチョ

  2. カーニヴァルの定番の揚げ菓子「チェンチ」は、食べ出すと止まらない!

  3. レッジョ・エミリア「Botte Gaia」、かわいい広場にある小さなオステリア

  4. イタリア北部、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州の郷土料理

  5. イタリアの老舗テーマパーク「イタリア・イン・ミニアトゥーラ」

  6. 産地だからこそ生で!極上の「キアーナ牛のタルタル」

Copyrighted Image