【我が家の食卓】かぼちゃとゴルゴンゾーラのリゾット

秋になると買いたくなる食材の1つがかぼちゃ。すごい大好きとかでないんですけど、巨大な皮もオレンジのかぼちゃでなく、日本で見るような濃い緑のかぼちゃを見つけるとついつい買ってしまいます。ただ使い方は?ニョッキにするなら1個まるごと使わないといけないから他のものはできないんですが・・・今回は天ぷらを2回とバター炒めで半分使い、残り半分は何にしよう?と考えていきついたのがリゾット。しかもゴルゴンゾーラも中途半端に余っていたので一石二鳥!

分かりやすいイタリア料理レシピなら、「Giallo Zafferano」

レシピを検索すると、やっぱり一番に出てきたのは私もよく参考にするGiallo Zafferano。かぼちゃの甘さと、ゴルゴンゾーラの独特の塩気の相性が良く、思った以上に美味しかったです!

材料(2人分)

◎米、160g ◎かぼちゃ(実のみ)、300g ◎ゴルゴンゾーラ、80g ◎玉ねぎ、半個 ◎バター、15g ◎白ワイン、25g ◎オリーブオイル、10g ◎コンソメキューブ、2個 ◎ローズマリー、塩、こしょう 適量

※時間のある方はコンソメを使う代わりに野菜出汁をとりましょう~2リットル程度の水にニンジン、セロリ、玉ねぎを各1つづつ入れて1時間くらい火にかけてください。

作り方

1)水2リットルを沸かし、コンソメキューブを溶かしておく(あるいは野菜出汁をとっておく)

2)玉ねぎはみじん切りに、かぼちゃは適当に切った後に中綿と皮を取り除き、小さいさいの目切りにしておく

3)玉ねぎをじっくりとオリーブオイルで炒め、その後にカボチャを投入し、少し炒めた後、出汁を少しづつ入れて柔らかくなるまで20分くらい煮る

4)別のフライパンで米を軽く炒り、白ワインを入れて飛ばす

5)4)を3)の鍋に入れ、よく混ぜる

6)5)に出汁をお玉1杯入れてよくかき混ぜる、をお米が適度な硬さになるまで繰り返す

8)バターとゴルゴンゾーラを加え、よく混ぜる
※この前に塩こしょうは入れず、ゴルゴンゾーラ入れてから味がまだ薄いようであれば塩こしょうで調整してください。

9)もったりしすぎていたら出汁を加えて好みの柔らかさにし、出来上がり!盛り付けにローズマリーを飾って。

 

「イタリアの美しい村を歩く」
イタリアの最も美しい村協会推薦✨

愛すべき、美しい30の村
飾らない、ありのままのイタリアへ!

人口や景観など、「イタリアの最も美しい村」協会が設けた厳しい基準を満たした村だけが加盟を認められる「イタリアの最も美しい村」。その中から、イタリア在住20年以上、トスカーナ州の田舎町に暮らす著者が、“忘れられない”30の村をセレクト。古きよきものが息づく小さな村の魅力を、旅先での出会いやエピソードをちりばめながら綴る。

👇 キャンペーン特設サイトはこちら 👇
「イタリアの美しい村を歩く」新刊キャンペーン開始!

 AMAZON や 楽天ブックス でも予約受付中!

関連記事

  1. 内気な高1・長男の、小さいけれど大きな一歩

  2. 【レポート】イタリア(ピストイア、レッジョ、その他)で幼児教育の現場視察、コーディネイト・通訳

  3. イタリア料理を最後まで美味しく食べる極意!「スカルペッタ」

  4. イタリア女優のふくよかな魅力

  5. すっかり定着、メディカルアロマ

  6. 【我が家の食卓】春夏の定番!ズッキーニのミント風オイル漬

  1. 洗濯、面談、高校巡り

    2022.12.05

  2. 「イタリアの最も美しい村」協会のプリミ会長インタビュー

    2022.12.02

  3. オルチャ渓谷の絶景と小さな村を巡るサイクリングツアー(E-Bike)

    2022.11.30

  4. いろんなカルボナーラを食べるなら!ローマ・トラステヴェレ「Eggs」

    2022.11.26

  5. ローマのダヴィデさんと語る、日本人の旅スタイルを変えるには?

    2022.11.22

  1. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  2. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  3. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

Copyrighted Image