ローマのダヴィデさんと語る、日本人の旅スタイルを変えるには?

書籍「イタリアの美しい村を歩く」のキャンペーンの一環で、イタリアの美しい村協会の本部を訪問して会長さんへインタビューすることになり、ローマに行くことになりました。ちょうどその時にアブルッツォに日本から友人が来ており、何気にアブルッツォの彼女の滞在地~ローマはバス1本で行ける!と言うことも判明し、アブルッツォとローマをくっつけて3泊4日。最初の2泊3日はアブルッツォで本に協力してくれた人を訪ねたり、大人の遠足を楽しみました。

アブルッツォで悲願のアブ会と、嬉しい美味しい楽しい再会

そしてローマは、来伊する彼女のお母さんを迎えに一緒にローマまで。私は予約していたB&Bに荷物を置き、ある人とご対面・・・それは、ダヴィデさん!

イタリア好きの人にはもちろん、近年は「世界ふしぎ発見!」などにも出演されてだんだん有名になっているダヴィデさん。インスタとYouTubeを通してイタリア、特にローマのガイドには載っていないようなスポット、歴史の話、旅に役立つ情報などを発信しています。そして、ローマに来られる日本人観光客の方に、ローマのとっておきの場所でとっておきの思い出となる写真撮影をされています!

ダヴィデさんのサイト・イタリアへ行きたい!

 

何年か前からインスタを相互フォローしていていつかお会いしたかったのと、ちょうど髪をバッサリ切ったこと、今ではずっと眼鏡なのにプロフィール写真は眼鏡なしということもあり、この機会にダヴィデさんに撮影してもらおうと思ったわけです。

待ち合わせはポポロ広場。現れたダヴィデさんは、いつもインスタやYouTubeで見ているそのまんまの人。そのまんまで自然すぎて私もすっかりリラックスしてしまいました、まずは撮影ですが・・・私の屋号が「トスカーナ自由自在」のため、ローマっぽくない場所で撮影(苦笑)とやや失礼な申し出をしてしまったため、ボルゲーゼ公園で行われました。

こんな感じでいろんなカットを撮影していただき、やや恥ずかしくはあるものの、大満足💛 ダヴィデさん、改めてありがとうございました!

・・・で、前置きが長くなりましたが、その後は歩きながら、最後はジェラート食べながらいろいろおしゃべりをしたのですが、一番お互いに熱くなったのは「日本人の方の旅スタイルを変えたい!」という思い。大学で歴史を専攻していた歴史好き、そして「ガイドに載っていないようなイタリアの魅力を伝えたい」という活動理念、という共通項があるので、それはそれは盛り上がる!長くなりすぎるので全部は書けませんが、「有名だから」「インスタ映えするから」だけではなく、同じそのスポットでもその裏にある歴史やエピソードをもう少し知って欲しいなぁ~という想い。せっかくイタリアまで来たのだから、駆け足で大都市をいくつも周るのでなく、1か所に最低でも3日~じっくりその場所を知って欲しいなぁ~・・・ローマなんて1週間あっても足りないくらいですから。1回目のイタリア旅行はローマやフィレンツェなどの観光都市でも良いけれど、2回目、3回目なら、観光都市を出て小さな村もぜひ訪れて欲しい。偉大なモニュメントや有名レストランはないけれど、小さな村にも脈々と受け継がれる歴史や伝統、普通のイタリア人の暮らし、そして触れ合い、と、有名観光地では決して感じられない魅力に出会えるはず!・・・そのためにはまだまだ発信を頑張らないと!と再認識しました。

そうそう、驚いたことは

  • ダヴィデさんはイタリア語も上手・・・イタリア人だから当たり前 😂😂😂 だけど、SNSでは日本語しか聞いてなかったから。日本語は皆さんもご存じの通り、日本人としゃべるように何も気にせずガンガンしゃべっても全部通じるし、ほんとネイティブ並みです。
  • サラ~っとSNS用の動画撮影が始まってしまうこと。
  • セルフィー撮る時も方向を変えずに撮影し、それが全部見えてるかのようにキレイに収まった写真になっていること(ダヴィデさん曰く、この方が画質が良いそう。あと私が撮影した上の写真みたいに、文字も逆になりませんよね)

楽しい時間はあっという間でしたが、また機会がありましたらぜひお会いしましょう!ありがとうございました~!

「イタリアの美しい村を歩く」
イタリアの最も美しい村協会推薦✨

愛すべき、美しい30の村
飾らない、ありのままのイタリアへ!

人口や景観など、「イタリアの最も美しい村」協会が設けた厳しい基準を満たした村だけが加盟を認められる「イタリアの最も美しい村」。その中から、イタリア在住20年以上、トスカーナ州の田舎町に暮らす著者が、“忘れられない”30の村をセレクト。古きよきものが息づく小さな村の魅力を、旅先での出会いやエピソードをちりばめながら綴る。

👇 キャンペーン特設サイトはこちら 👇
「イタリアの美しい村を歩く」新刊キャンペーン開始!

 AMAZON や 楽天ブックス でも予約受付中!

関連記事

  1. 鍋を買う女

  2. 朝ごはんの習慣を変えてみる

  3. イタリア人は「永遠の少年少女」である

  4. 子供の乳歯が抜けたら・・・?イタリアと日本の違い

  5. おらが村の幼稚園は、なんとレベルが高かった!?

  6. イタリアは、喜劇か悲劇か。真面目さは、ない。

  1. 駅至近で便利、アレッツォのモダンなB&B

    2024.05.19

  2. アレッツォの昔ながらのオステリア「Antica Osteria l’Agania…

    2024.05.16

  3. アレッツォのバール「Borgo San Pietro」で地元民と一緒に惣菜ランチ

    2024.05.12

  4. バス(市バス&長距離バス)を乗りこなそう!

    2024.05.09

  5. 暮らすように近郊の村や町を巡る、アレッツォ滞在のススメ。

    2024.05.06

  1. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  2. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  3. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image