フィレンツェから電車で行ける、トスカーナ北部の乗馬センター

トスカーナで乗馬なんて、車でしか行けないところにしかないのでは・・・と思われがちですが、フィレンツェやおらが村に滞在中(休暇の家またはパーマカルチャー農園アグリツーリズモ)に、車を使わずに行ける乗馬センターがあります。すでに乗馬経験のある方はフィレンツェ北部の豊かな自然へトレッキングへ、乗馬経験のない方もパドックでのレッスンはもちろん、2時間までの簡単なトレッキングを体験できます。特にフィレンツェ滞在中の方は観光客でいっぱいフィレンツェからリフレッシュに、特に美術鑑賞だけでは物足りない、飽きてしまうお子様連れの方にはぴったり! フィレンツェからは電車で40分、おらが村からはたった電車で10分の距離の駅からは車で約5分。乗馬センターや側にある湖はからは、こんなに近いのに鉄道や道路は全く見えず、その美しさに癒されてしまうほどの豊かな自然に囲まれています。

インストラクターはカテリーナ。ずっと近辺のアグリツーリズモや乗馬センターで勤務していましたが、2021年に念願の自身の乗馬センターをオープン。彼女所有の10頭+プライベートオーナーから預かっている15頭の合わせて25頭と、乗馬センターの横で暮らしています。サイトの更新やメールチェック以外は、馬の世話からレッスン、最寄り駅との送迎まで、全て1人でこなすバイタリティたっぷりのカテリーナ。それはやはり馬のことを、乗馬の楽しさをたくさんの人に知って欲しい!との思いから・・・おかげで今は会員の人はもちろん、フィレンツェに留学中の外国人まで幅広い方がここを訪れています。

この日はコースレッスンを受けている中国人の留学生の方と、地元の可愛い小学生の女の子が一緒にレッスンしていました。手綱をかけ、ブラッシングをして、鞍を乗せ・・・カテリーナに確認しながら準備していきます。単発のレッスンやトレッキングでは準備万端の状態でスタートしますが、時間がある方はその後にブラッシングなどもしていただけるので、乗馬だけでなく馬ともゆっくり触れあうことができます。

ちなみにここ、おらが村のママ友、息子たちのクラスメイトやその兄弟も通っているというオマケ付き。更なる偶然はカテリーナの彼氏で、彼の実家は我が家の裏山! そう、馬を自宅で飼っていて、息子たちが小さい時にニンジンをもって遊びに行かせてもらっていたあのお宅なのです。3頭いたうち1頭は今、カテリーナの乗馬センターで預かっているということも発覚し、2人で爆笑しました。

トレッキングは2時間~1日までの3種類。いずれも最初はパドックで馬に慣れてもらい(レベルの高い人ほど慣れる時間は短いです)、すぐそばの丘から、長時間の場合は山の上の方まで散策します。初心者や言葉が全くダメな方でも2時間コースはどなたでも参加することも可能(ただし保険がカバーしていないため、14歳以下のお子さんはトレッキングに参加できません)。

乗馬センター横には釣り堀にもなっている湖とピッツェリアがあり、休みの日には地元の家族やグループで賑わいます。乗馬前後にピクニックやまったりとリラックスも良いですね~だってこんなに美しいんですもの!ただ乗馬センターへ行くのに通るだけでは、もったいないくらいでしょう?

年に2、3回、イベントがあり、来られる時期や乗馬レベルにも寄りますが、一般の方でも参加できるものもあります(会員登録・事前予約要)。また乗馬愛好家さんのグループでしたらオリジナルプログラムも検討できますので、こちらもご相談下さいませ。

フィレンツェからふらっと来るも良し、おらが村に滞在中の方はチェックインやアウトに寄ったり、滞在中に料理教室秋のオリーブオイル搾油所見学などのアクティビティを組み合わせて、フィレンツェ北部の田舎をたっぷり堪能して下さいね。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

【行き方】
フィレンツェ駅から直通電車で約40分 (Borgo S. Lorenzo 行き・Pontassieve 経由)、 Scopeti 下車。乗馬センターまでは車で約5分、スタッフが送迎してくれます。

【料金】
グループレッスン(他の参加者と一緒、1時間):1人40ユーロ(日本語通訳付き70ユーロ)
プライベートレッスン(1時間):1人60ユーロ(日本語通訳付き90ユーロ)
トレッキング(2名以上):2時間コースは1人65ユーロ(日本語通訳付き100ユーロ)、3時間コースは1人80ユーロ、1日コースもあり。3時間以上のトレッキングは通訳なしになります。

  いずれも保険、ヘルメット貸与込み
※ レッスンのお子様は4歳以上、トレッキングは14歳以上になります。
   日本語通訳なしの場合は、英語、イタリア語、ドイツ語が可能です。
※ グループおよびプライベートレッスンで1名以上、2時間トレッキングで2名以上の日本語通訳付き料金はお問い合わせください。

お問合せ&お申し込みは、こちら

愛すべき、美しい30の村
飾らない、ありのままのイタリアへ!

人口や景観など、「イタリアの最も美しい村」協会が設けた厳しい基準を満たした村だけが加盟を認められる「イタリアの最も美しい村」。その中から、イタリア在住20年以上、トスカーナ州の田舎町に暮らす著者が、“忘れられない”30の村をセレクト。古きよきものが息づく小さな村の魅力を、旅先での出会いやエピソードをちりばめながら綴る。

本の詳細はこちら

 

 AMAZON や 楽天ブックス 、各書店でも販売中!

関連記事

  1. 病院から子ども救済へ、フィレンツェ・捨て子養育院

  2. キアンティの美しい村、元シェフの料理教室とアパート滞在

  3. フィレンツェから電車1本で行ける中世祭り、Vicchio 1529

  4. フィレンツェのトラムの路線、乗り方、切符の買い方

  5. 捨て子養育院の最上階「Caffè del Verone」、フィレンツェの絶景を前に極上のカフェタイム

  6. フィレンツェ北部で「PANNA(パンナ)」と言えば・・・?

  1. TVドラマ「マメ―リ、イタリアを夢見た青年」

    2024.02.26

  2. ヴァザーリの右腕、ジョヴァンニ・ストラダーノ生誕500周年の展示会

    2024.02.18

  3. オブラーテ図書館、ドゥオモを拝みながらのゆっくりカフェ

    2024.02.15

  4. アレッツォ郊外、世界一のモザイク教会を夢見て

    2024.02.11

  5. カレンドラにラベンダー・・・アンナの手作りソープで嬉しいお風呂…

    2024.02.08

  1. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  2. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  5. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image