フィレンツェの「ワインの穴 Buchetta del vino」を見つけよう&体験してみよう!

フィレンツェを歩いていると、建物の壁に小さな穴があるのに気づくことがあります。縦長で上がアーチ形になったこの穴は、ドアがついていることもあれば、ふさがれて枠だけ残っているもの、枠さえもなく壁にその印だけ残っているもの・・・これらは、かつて4世紀に渡り実際に使われていた「BUCHETTA DEL VINO(ワインの穴)」。そんな歴史あるワインの穴は多くの場合は記録に残っていないのですが、ワインの穴・文化協会が調査をしてリスト・マップを作成し、そのプロモーションを行っています(文化協会サイトやマップはこの記事最後にまとめています)。

ワインの穴の起源は明確ではありませんが、おそらくルネサンス頃から使用されていました。

TOP写真は駅とドゥオモ間くらいの路地にある有名なワインの穴。建物は「バルトリーニ・サリンべーニ・ワイナリー」で、このパネルには開店時間が記載されています。当時のフィレンツェの法律で、ワイン生産者が少量を直接消費者に販売する場合は税金が免除されたため、そのやりとりをするための「ワインの穴」が誕生しました。ワインの穴のほとんどは23×36㎝、販売上限であったフィアスコがちょうど1本通れる大きさです。フィアスコとは、ボトルを守るために藁で下部が包まれたぷくっと膨らんだワインの瓶。トスカーナ、特にキアンティワインでよく使われるボトルです。今では小さいサイズもありますが、昔ながらのサイズは1.5リットルの大瓶です。

ワインを買いたい人は、ワインの穴のドアをノックしお金を置きます。すると中からドアが開き、ワインを入れたフィアスコが1本が差し出されるという仕組みです。フィレンツェ以外黒死病が流行った1630年頃、接触が少ないことで重宝されたことから、近年のコロナ禍でもかつてのワインの穴を復活させた商店があります。そして昔の習慣を継承し、観光客にも楽しんでもらえることから、現在はフィレンツェ旧市街9か所で「ワインの穴」が営業中!

  1. Osteria Belle Donne(駅近くのレストラン
  2. Il Latino(駅とカッライア橋の間くらいにあるレストラン)
  3. Babae(川向うサント・スピリト地区のレストラン)
  4. Fiaschetteria Fantappie’(川向うサント・スピリト地区の地区のワインバー)
  5. DiVin Boccone(川向うサント・スピリト地区のデリ)
  6. Cantina de’ Pucci(ドゥオモ近くのレストラン)
  7. Gelateria Vivoli(サンタ・クローチェ教会近くのジェラテリア)
  8. Osteria San Fiorenzo(サンタ・クローチェ教会近くのレストラン)
  9. Pietra Bianca(サンタ・クローチェ教会近くのレストラン)

それぞれ公式サイトやSNSにリンクしていますので、クリックしてください

 写真は1.のOsteria Belle Donne。観光客がこのワインの穴体験をするために並んでいました! 昔と同じように、まずはノックしてドアが開いたら注文とお支払い(カード使用可能)、一度ドアが閉まって、準備できたらドアが開いてグラスワインが出てきます。左横に注文できるグラスワインの料金表がありますよ。

現在、フィレンツェ市内では180以上(うち旧市街に155か所)、フィレンツェ以外にも110か所以上!さらに教会では消えてしまった穴や跡だけが残った穴など、新たな穴の発掘やその歴史などについて調査を続けています。

そして先日、その協会の展示会があったので訪問してきました。

会場はレプッブリカ広場近くのパルテ・グエルファ邸。13世紀起源の歴史的な建物で、現在は市役所の部署、カルチョ・ストーリコ本部など、歴史文化団体の事務所が入っています。外には展示会の旗がたち、写真を撮っていたら「展示会やってるよ!」と勧誘され、階段までエスコートしてもらうというVIP?待遇!いやいや、最終日でかつ「たくさんの人に見て欲しい!」という協会の人の情熱が感じられました。

展示会では、ワインの穴がある建物の再現や、ワインの穴があるドアなどの展示、ツアービデオ上映、ワインの穴をモチーフにしたアクセサリーの展示など。

上記他、イタリア語のビデオツアーはこちらから
英語のビデオツアーは上記の協会サイトのTOPページ下の方にあります。

見ても可愛い、歴史を知るとまた愛おしくなるワインの穴。マップを見ながら周るもよし、敢えてマップは見ずにフィレンツェ散策の時に壁沿いを探してみるもよし、上に紹介したお店に体験しに行くもよし! 皆さんそれぞれのワインの穴めぐりを楽しんでくださいね。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

ASSOCIAZIONE CULTURALE BUCHETTE DEL VINO(ワインの穴・文化協会の公式サイト・英語)

【ワインの穴マップ:下記リンクをクリックしてください】
フィレンツェ市内のワインの穴マップ
トスカーナ州内のワインの穴マップ

 

愛すべき、美しい30の村
飾らない、ありのままのイタリアへ!

人口や景観など、「イタリアの最も美しい村」協会が設けた厳しい基準を満たした村だけが加盟を認められる「イタリアの最も美しい村」。その中から、イタリア在住20年以上、トスカーナ州の田舎町に暮らす著者が、“忘れられない”30の村をセレクト。古きよきものが息づく小さな村の魅力を、旅先での出会いやエピソードをちりばめながら綴る。

本の詳細はこちら

 

 AMAZON や 楽天ブックス 、各書店でも販売中!

関連記事

  1. 田舎町にお宝?サン・ピエーロ・ア・シエーヴェの洗礼盤

  2. フィレンツェでオリーブオイルを買うなら、LA BOTTEGA DELL’OLIO

  3. フィレンツェ・ストロッツィ宮殿「ヴェロッキオ展」、レオナルド・ダ・ヴィンチの原点を見る

  4. イタリアの老舗テーマパーク「イタリア・イン・ミニアトゥーラ」

  5. 小さな集落のおしゃれな店で、女性の日の恒例ディナー

  6. ムラーノ島で食べた、スペシャルパスタ

  1. 駅至近で便利、アレッツォのモダンなB&B

    2024.05.19

  2. アレッツォの昔ながらのオステリア「Antica Osteria l’Agania…

    2024.05.16

  3. アレッツォのバール「Borgo San Pietro」で地元民と一緒に惣菜ランチ

    2024.05.12

  4. バス(市バス&長距離バス)を乗りこなそう!

    2024.05.09

  5. 暮らすように近郊の村や町を巡る、アレッツォ滞在のススメ。

    2024.05.06

  1. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  2. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  3. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  4. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  5. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image