ジリオ島の玄関口、カラフルでキュートな港町・ポルト

ジッリオ島へ行く時、必ず訪れるのが港町であるポルト。まさにイタリア語で「港」という名前のついた町です。フェリーから着く時に分かりやすいように?からなのか、カラフルな建物に囲まれたその様子に女性はもちろん、男性でも思わず胸がキュン💛とするような可愛らしさ。すぐ後ろからは山となっていて、海と山に囲まれています。

本当に小さな村なので、基本、港周りをくるっと一周が歩くコースになります。まずは港を背にして左側に行って見ましょう。フェリーが到着した場所には3つの旗が掲げられていましたが、どうやら旗の色はこの 小さい村を3区画に分けた地区の旗 らしく、ここは緑&赤の地区。こんな風にいっぱい旗が並んでいます。

逆側と違ってお店なども少ないので、のんびりした雰囲気。海沿いのバールも、こんな風におだやか~に過ごせますね。レトロなトラットリア、軒先でくつろぐ猫・・・一番奥には、かつて見張りがあったと思われる塔もあります。

元来た道を戻って、今度は港を背にして右側へ。村の真ん中が白&緑の地区、その奥が青&黄の地区のようです。こちら側は、 海沿いに飲食店が、逆側に雑貨やお土産屋さん、服&バッグのお店がズラリと並んでいて、とても賑やか。

特に可愛いのが陶器のお店。ここの建物と同系色のカラフルなもの、お花いっぱいのもの、港を感じさせるもの・・・ここでお気に入りを見つけて、自分の思い出の品として持ち帰るのも良いですね。あちこちには、華やかなブーゲンビリアの花も咲き誇り、目を楽しませてくれます。

海側のお店が途切れた先には、なんと 小さなビーチが!時間がなくてカンペーゼ(バスで行けるメインのビーチ)や他のビーチへ行けない方は、ほんの少しでもここでイタリアのビーチ体験をしてみて下さい。フリービーチなので、ビーチタオルやパレオのようなものを持っていけばOK。真夏だと海から上がって日なたにいれば、すぐに乾いてしまいます(日本人の方は美白的に無理かな?)

更にその先には、人がぐっと少なくなる岩場のビーチも。人が多いのが気になる方は、ここでまったりするのも(でも日陰がないので、ここでも日焼け対策が💦)ただし岩場で滑りやすいので、ゴム製の靴があると便利です。

きっと夜も素敵だろうなぁ~と思わせるポルトの村。夕方以降に到着する場合、1日他の場所を周って翌日に島を離れる方はここで1泊するのも良いと思います!外国人観光客は他のリゾート地に比べてかなり少ないので、ぜひぜひちょっとマイナーなジッリオ島に滞在して頂きたいと思います♪

ジリオ島の日帰りツアーの記事はこちら。

ギャラリー(写真をクリックすると拡大します)
基本情報

ジッリオ島への行き方など、概要については こちら をご覧ください。

関連記事

  1. アレッツォから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選

  2. 崩壊した要塞が絶景ポイント!カンピリア・マリッティマ

  3. タラモーネ城壁裏のシーフードレストラン「La Buca」

  4. スヴェレート、海の香漂うおだやかな「イタリアで最も美しい村」

  5. カスティリオーネ・アッラ・ペスカイアのオシャレな人気レストラン「Posto Pubblico」

  6. オルベテッロ漁師組合経営!オルベテッロ潟の魚が食べられる「I Pescatori」

  1. 「La Campana」、世界最古!1518年創業のローマ料理レストラン

    2020.07.12

  2. ヴァチカン至近「Old Bridge」、地元民にも人気のジェラテリア

    2020.07.11

  3. おらが村「休暇の家」のカテリーナ&カルロ、元気にしています

    2020.07.10

  4. 長男よ、外に出るのだ!自立するのだ!

    2020.07.09

  5. 生トリュフが手に入ったので・・・手打ちタリオリーニの極上ランチ

    2020.07.08

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image