キアンティ・クラッシコ、珠玉の村の家族経営の小さなワイナリー

黒鶏のマークでおなじみの赤ワイン・キアンティクラッシコ を製造するワイナリーは数多くありますが、ここはキアンティの中心地・  グレーヴェ・イン・キアンティ を見下ろす丘の上にあるワイナリーです。1番最初の感激は、何よりこのパノラマ。季節や天気によって、空の色、緑の濃さ、そしてぶどう畑の色も変わります。秋のぶどう畑に1列だけ 紅葉しているのはコロリーノというブドウの品種で、ワインの色をつけるブドウだそうです。

こんなお話もたっぷりしてくれるのは、このワイン農家のお父さん・フェルナンドさんと現在、創業者のおじいさんの跡を継いだ娘さんのアレッシア、アレッシアの義妹のマニーラ。

本当に小さなワイナリーなので、何だかどこかのお宅に訪問しておしゃべりをしているようです。

まずは外にあるコンクリートの容器で行われる、1次発酵から生産過程の説明が始まります。それから樽の発酵スペース・・・他のワイナリーから比べると随分小さいですが、それもそのはず、ここのワイナリーの生産本数はたった1万本 。

とはいえ、1万本、それに比べてもにたったこれだけの樽?と思いましたが、この 1樽でワイン約300本だそうです。ここのワインは一般的には流通しておらず、このようなテイスティングに来られた方がその時に購入されるか、その後、メールで注文したりする分だけでほとんど売り切れてしまうとか。そんな“世界中のファン”から寄せられるメールと写真が、フェルナンドさんの誇りです。

時期によっては、芳香な香りでムンムンのヴィンサント用の白ブドウが干された一室も見学できます。

ワインのテイスティングは、 サラミやブルスケッタなどのおつまみも付き。ワインの年代ごとテイスティングはもちろん説明付で、お客様からの“キアンティクラッシコの葡萄の品種とその割合は?”、“リセルヴァの違いは?”といった基本的な質問から、“イタリアワインとフランスワインの違いは?”、“イタリア人男性が平均的に飲むワインの量は?”といった質問など、いろいろな話がでてきていつも盛り上がります。それだけでは終わらず、更にIGTワイン1種にヴィンサントも。一緒についてくるぶどう入りカントゥッチ―二はアレッシアのお手製なんですが、これがめちゃめちゃ美味しい!

テイスティングと見学が終わったら、もちろんその場っで購入もできます。最低3本から3本単位で、お好きな種類・年代のワインと、オリーブオイルも組み合わせられ、11月頃の新オイルができてからの発送も可能。

この村は本当に小さいですが、童話にでてきそうな可愛い村。ワイナリー訪問と合わせて、小さな村訪問もできてしまう、一石二鳥のワイナリーですよ。村の内外の写真は、ギャラリーをご覧くださいね。

ギャラリー(写真をクリックすると拡大します)
ワイナリー訪問ツアー

【フィレンツェ発着テイスティング・ワイナリー訪問】
お1人130ユーロ(2名参加の場合)、フィレンツェからのバス代往復、フィレンツェからの日本語通訳アテンド、おつまみ付ワインテイスティング、ぶどう畑・カンティーナの見学、その後、ここの村やグレーヴェの町の散策を含む約8時間です。グレーヴェバス停からカンティーナまではオーナー一家が車送迎してくれますが、都合が悪い場合は別途車手配(別料金)になることもあります。基本的にフィレンツェ9:30発のバスで行き、グレーヴェ発16:30のバスで帰ってくる行程になります。プログラムのお申込み、また、これより人数が多い場合や、この村での宿泊、フィレンツェ以外の発着、フィレンツェから車送迎などをご希望の場合、お問い合わせ下さい。

【フィレンツェ発着1泊2日・ ワイナリーテイスティング・カンティーナ訪問+ 料理教室
お1人340ユーロ(2名参加の場合)、フィレンツェからのバス代往復、フィレンツェからの日本語通訳アテンド(1日目ワイナリー+アパートチェックインまで)、ワインテイスティング、ぶどう畑・ワイナリーの見学、1泊アパート代、1日目夕食と2日目朝食、料理教室1回(ランチ付)が含まれています。グレーヴェバス停からワイナリー間はワイナリー&アパートオーナーが車送迎してくれますが、都合が悪い場合は別途車手配(別料金)になることもあります。 プログラムのお申込み、また、これより人数が多い場合や、フィレンツェ以外の発着、フィレンツェから車送迎などをご希望の場合、お問い合わせ下さい。

お問合せ&お申し込みは、こちら

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 搾りたての新オイルを味わえる!オリーブオイル搾油所見学&テイスティング

  2. 栗にトリュフに新オイル?味覚の秋のトスカーナ・月別のイベント&楽しみ方

  3. フィレンツェのソウルフード「ランプレドットのパニーノ」、どこで食べる?

  4. 【フィレンツェの素敵な通り】 Via Santo Spirito サント・スピリト通り

  5. フィレンツェ「スカルツォの回廊」で、アンドレア・デル・サルトのモノクロの名作にどっぷり浸る

  6. フィレンツェ・モザイク「Scarpelli」、伝統工芸を今に伝える希少な工房

  1. 「イタリアの最も美しい村」のInstagram写真コンテストに応募してい…

    2020.05.31

  2. 念願の「エルダーフラワーシロップ」に挑戦!

    2020.05.30

  3. 私が混乱した「トスカーナ弁」その7・ハホってハホってハホりまくる

    2020.05.29

  4. イタリアの「海」と「山」どっちが好き?1~アブルッツォ州バカン…

    2020.05.28

  5. イノシシのソースには、やっぱり「パッパルデッレ」

    2020.05.27

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image