ロマネスク様式のファサートのない教会、ソヴァーナのドゥオモ

「イタリアの美しい村」にも選ばれている、マレンマ地方の凝灰岩の村・ソヴァーナ。小さな小さな村のはずれに、村の規模と比べると大きな聖ピエトロ・パオロ大聖堂があります。実際、この地域はもちろん、トスカーナを代表するロマネスク・ゴシック様式の教会となっています。

東西に長いソヴァーナの村を東の奥まで行くと、こんな風に後陣が見えてきます。元々はパレルモの司教・マミリアーノがソヴァーナを訪れた後に5世紀頃に司教座が建設され、その後8世紀頃に大聖堂の建設が開始。14世紀には、司教の建物がくっついて建設されてファサートがない、という、ちょっと変わった作りになっています。

それでは大聖堂の正式な扉は?というと、後陣から見て右側にあり、その扉の周りには花や渦巻き、騎士などの文様がありとても美しいです。一方、観光客の入り口は一番奥、司教の建物の入口から入ってチケットを買い、大聖堂へ。

教会の建設にも凝灰岩がたくさん使われ、そのせいか?他の地域で見る教会とは何だ違う雰囲気です。華美な装飾はなく、凝灰岩のベージュが明るく、開放的な印象を与えてくれます。内部は三廊式で、天井はヴォールト天井。左側廊の奥には、聖マミリアーノの遺体が保管されています。一方、右側廊の奥からは、クリプタへ下る階段が。

その他にも、内部には15世紀の洗礼盤や石棺、柱頭や壁に見られるキリスト教の伝統的な文様やフレスコ画など。全てが素朴なのに、なんだか上品な雰囲気に満ちた空間になっています。

ギャラリー
基本情報

Cattedrale di Santi Pietro e Paolo (Duomo di Sovana)
Via del Duomo, Sovana
毎日10:00-18:00

ソヴァーナの村、行き方などはこちらを参照してください。

関連記事

  1. 山の中にひっそり佇む凝灰岩の村、ソラーノ

  2. かつてのユダヤ人コミュニティを今に伝える、ピティリアーノ「小さなエルサレム」

  3. 【テーマのある旅】ロマネスク様式の教会を巡る、トスカーナの旅

  4. カポリーヴェリ「カラミータ」、エルバ島唯一の地中鉱物採掘場

  5. ガンベロ・ロッソ掲載のジェテリア、マリーナ・ディ・グロッセート「Chiccheria」

  6. 緑の大地に白い斑点・・・マレンマは羊だらけ!

  1. キアンティの美しい村、元シェフの料理教室とアパート滞在

    2024.07.08

  2. メディチ家礼拝堂、ミケランジェロの「秘密の部屋」特別見学に参加

    2024.07.06

  3. 【バレーボール・オンラインイベント】2024年6月14日(金)ペルージ…

    2024.06.02

  4. 駅至近で便利、アレッツォのモダンなB&B

    2024.05.19

  5. アレッツォの昔ながらのオステリア「Antica Osteria l’Agania…

    2024.05.16

  1. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  2. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  3. イタリアでの視察・取材&写真・記事作成を代行します

    2019.11.07

  4. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  5. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

イタリアの宿泊なら?

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: フィードが見つかりません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。

Copyrighted Image