世界遺産・オルチャ渓谷のパノラマが360度!テンテンナーノ要塞

オルチャ渓谷内には、私が知ってるもので要塞が4つあります。その中でも、オルチャ渓谷エリアの真ん中にあるのがここ、 ロッカ・ドルチャのテンテンナーノ要塞。オルチャ渓谷の町では、「○○・ドルチャ」=オルチャの○○、という名前が多いですが、 ロッカ=要塞 、つまりオルチャ渓谷の要塞と町の名前になるほど、雄大なオルチャ渓谷のパノラマの中でなかなか目立つ存在です

要塞へ行くのは2つアクセスがあって、1つはロッカ・ドルチャの村から坂を上っていく方法。もう1つが、カスティリオーネ・ドルチャの町から標識に従っていく方法で、後者は要塞のふもとの駐車場に車を置くことができます。

ふもとから見た要塞はこんな感じ・・・糸杉が寄り添っているように見えます。そこから階段を上って門を越え、更に上がっていくのですが、ここからでもすでに絶景が見られます!しかし、これはまだまだ狭い範囲のパノラマ。

階段を上り終えると、チケット販売の小屋と、こんな広場があります。この広場からでもかなりの絶景が味わえますが、せっかくだから要塞にも上ってみましょう~ロッカの要塞は12世紀に建てられ、有力貴族やシエナ共和国の所有を経て1500年代には放置されますが、中世・ルネサンス期の数々の戦争でも 一度も攻略されたことがないそうです。1970年代に最後の所有者から国に寄付され、修復を経て一般公開されています。要塞のふもとはテラスのようになっていて、ここからもパノラマを見ることができます。

写真に見える町は カスティリオーネ・ドルチャ。この市の領域は広く、ヴィーヴォ・ドルチャやロッカ・ドルチャも、この市の分離集落になります。カスティリオーネにも要塞はありますが、写真にもクレーンが見えるように何年も修復中のままで、見学はできません。

さて、要塞の中に入ってみましょう!中はおそらく近年改築されてピッカピカですが、1階部分は、かつて奴隷や駐屯隊の人々が生活していた場所だそうです。2階は特に何もなく、要塞の上に出る階段があるのみ。特に最後は急斜面になりますんで、手すりを持って、最後は頭上に気を付けながらゆっくり上がって下さいね。

そこで待っているのは・・・世界遺産の絶景が360度!!

要塞の下にあるのがロッカの村 、その右前にあるのが バーニョ・ヴィニョーニ 、その丘の向こう側にあるのが サン・クイーリコ・ドルチャ 、広大なオルチャ渓谷のかなりの部分が見渡せます。

はがきや写真集で使用される糸杉並木があっちこちに・・・ズーム撮影すると、こんな感じ。私の安いコンデジでもこれだけ鮮明に撮れるので(笑)、良いカメラだともっと素敵な写真が撮れるはず!

その後、ロッカの村へ散歩に行くのもおススメです。要塞に入る門を出て階段を降りたら、右(駐車場と反対側)の遊歩道からロッカの村の上の部分に出られます。

村はホントに小さく迷うことはありません!特に大きな見どころは村の中にはありませんが、ちょっと前までは マルタのB&B しかなかったのに、今はミシュランガイドに掲載された新しいレストランや雑貨屋さんもできていました。 オルチャ渓谷が2004年に世界遺産 になってからだんだんと観光客が増え、ロッカでさえも新しいお店ができるなんて!嬉しいような、ちょっと寂しいような複雑な気持ちです(苦笑)。村のその他の写真は、ギャラリーに紹介しますね。

オルチャ渓谷内での要塞は、その他、モンタルチーノの要塞ラディコーファニの要塞、カンピリア・ドルチャの要塞があります。それぞれの特徴や開館日、周る村などを加味して、いずれかの要塞からは絶対オルチャの雄大なパノラマは眺めて頂きたいです!

ギャラリー(写真をクリックすると拡大します)
基本情報

【公式FBページ】
Rocca di Tentennano
夏は毎日10.30  – 13.30 と 14.30 – 18.30ですが、その他の季節は開館日時が変更になり、上記FBページで定期的にお知らせがあります。チケットは カスティリオーネ・ドルチャのサンテ・ジョヴァンニアートホール と共通チケットで、大人3ユーロ、7才~12才の子供は1.5ユーロで(6才以下は無料)。

【行き方】
シエナよりTiemme社のバス・54A番で直通でカスティリオーネ・ドルチャまで1時間20分~ですが、1日1本しかありません。他、サン・クリーリコ・ドルチャよりバス・52Aもありますが、こちらも本数少ないです。カスティリオーネ・ドルチャのバス停近くの三差路に 「Rocca di Tentennano(テンテンナーノ要塞)」に従って、徒歩5分程度。バスの乗り方についてはこちらをご覧ください。

車で行く場合も、ロッカの村からではなく(ロッカの村内は通行証のない車は侵入禁止で村の下の駐車場に駐車)隣のカスティリオーネ・ドルチャを目指してください。カスティリオーネのロッカ側の端に「Rocca di Tentennano(テンテンナーノ要塞)」 の看板が見えますので、そこを曲がると要塞の下まで行けます。

オルチャ渓谷の他の村などと合わせて、ハイヤーで周遊するのがおススメです。ハイヤーについてはこちらをご覧ください。

関連記事

  1. 【ガイドにないフィレンツェの教会】サンティ・ミケーレ・エ・ガエターノ教会

  2. イタリア屈指の赤ワインの里、モンタルチーノ・ブルネッロのワイナリー

  3. 黄色と緑がまぶしくて、美しくて・・・春のオルチャ渓谷はやっぱり最高でした

  4. ヴェネツィア・ムラーノ島のガラス博物館で、いちばん興奮したもの

  5. ミケランジェロのダヴィデ好きには悶絶モノ?細部写真を撮影してきました

  6. モンティッキエッロ、オルチャ渓谷の童話のような小さな村

  1. イタリアでは、「カスタマイズ」が当たり前

    2021.07.23

  2. 【かもめの本棚】イタリアの美しい村の連載・第3回目が公開となりま…

    2021.07.22

  3. EURO2020で再認識「イタリアはやっぱりマンマの国である」

    2021.07.21

  4. マルケ州トッレ・ディ・パルメ、海岸線を見下ろす「イタリアの美し…

    2021.07.20

  5. 電気自転車でどこまでも行こう!コーネロ山・E-BIKEツアー

    2021.07.19

  1. フィレンツェ北部・ ロンダ「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

  2. トスカーナ北部ロンダで「自然農法」農家視察研修プログラム

    2019.10.17

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 電子書籍「トスカーナのおうちごはん秋冬編20レシピ」発売

    2020.12.12

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image